2007年12月 / 11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2007.12.31 (Mon)

紅白つまみぐい



「友達ぐらいが
 ちょうどいい」




スポンサーサイト
EDIT  |  22:49  |  ひとりごと  |  CM(0)  |  Top↑

2007.12.31 (Mon)

言葉の断片3

2007年の最期

帰るべきところを黙殺し酸素は尖りを増してゆく

蛍光灯のカバーの中の虫の死骸があなたを穿つ

信号が意味を為さない夜に愛の足音は歪みを帯びて水面を疾駆するだろう


揚句の果てにて

立ち眩み

脇腹に鈍い痒みをぶら下げたまま僕はまた歳を越すのだ

EDIT  |  21:07  |  ひとりごと  |  CM(0)  |  Top↑

2007.12.31 (Mon)

So, so you think you could tell...


It is the end of this year.

今年最後の日。
寒波に見舞われている日本列島。
北関東の平野部でも雪が舞うという。
今年の
最期


当然、自分は仕事である。
正月特訓。
大変だね、受験生。
と他人事のように言った後、

でもオレは毎年なんだけどね、
と口ごもる。




EDIT  |  20:30  |  雑記  |  CM(0)  |  Top↑

2007.12.30 (Sun)

冬の空蝉

のバス。
30日、土曜日。
巷はすでに仕事納めで人の気配が希薄になり、バスもスカスカ。
自分も含めて客はたった四人。
前の二人は「×○△セヨ ハン●□▽※ニダ」とハングルっぽい言語で楽しそうに話す。
真ん中の一人はヒップホップ大音量ヘッドホン。モノホンのヘイメーンなブラザー。
そして最後部座席の自分。

日本人、オレ一人だけ。

運転手は一見日本人っぽいが、実はチョイ悪なイタリア人。
だと思う。
デルピエ~ロ、カルボナ~ラ。



EDIT  |  22:50  |  雑記  |  CM(0)  |  Top↑

2007.12.28 (Fri)

言葉の断片2

大陸から隔絶され、閉じられた場。
固有種は、滅びへの輪舞を放ち、

あの日呼ばれた固有種は
浮上したのち、
君を見つけた。

君は、そこにいた。
EDIT  |  23:54  |  ひとりごと  |  CM(0)  |  Top↑

2007.12.28 (Fri)

Dig a hole.

、かつてピンクフロイドはプリズム越しに
「Breathe」
で語りかけてきた。
もちろん、皮肉とある種の境地を背景に。
EDIT  |  23:49  |  雑記  |  CM(0)  |  Top↑

2007.12.25 (Tue)

ことばの断片


ざらついた足の裏に

電飾がクレーターを残し

聖なる夜は極東で削れてゆく


EDIT  |  00:39  |  ひとりごと  |  CM(0)  |  Top↑

2007.12.25 (Tue)

聖なる夜に

りによってクリスマスイヴの日に今年最後の休日を過ごすハメになろうとは。

会社も独り身に容赦ない。

何もすることがなく、昼ごろ定例のジョギングをし、夕方、調布の「たけにぼ」にラーメンを食いに行った。

で、何事もなくそのまますぐ帰宅。

これで今年最後の休日終わり。




EDIT  |  00:33  |  雑記  |  CM(0)  |  Top↑

2007.12.24 (Mon)

緋の雨



篠突く雨にまみれ反照するアスファルトに
明滅せよ 緋色の塔
鮮やかに胸にAの文字を刻印せよ



哀しいとか切ないとかそんな言葉では
済まされぬ色に包まれてゆく雨の夜なのだろう
僕はあてどない足取りで君を求め
ビニル傘をつたう血が原罪を告白するのだろう
 

霞み疲れた
よれる朱の糸のクロス
空に掴んだ
君の手を僕は妬む


揺らぎ始めた空気の中に
存在を融き混ぜる
闇の暗赤色
暗赤色の闇


しばしば思い出したように君を見失うとき僕には
報われぬ祈りの血が流れているのだろう
道端のアジサイのグラデーションに気を取られている間
君の視界に僕は永久に入らないのだろう


剥がれた激情
柵に凭れ泣くソウル
霧のエニグマ
降り停まり 指に纏う


湿度にやられて事切れつつある
白いシャツに一点灯る
疵のような染み
染みのような疵


雨は相変わらずビニル傘にタルタルと音を迸らせ散ってゆく


それでも踏み出せない僕の弱さよ
靴にしみこんだ鉄分にくるぶしの辺りまで融かされて
そうして坂を流れ落ちてゆく泥水の流れに飲み込まれるのか


捨てよ


そして君を得るためになら


しかる後自ら刻印を手に入れよ


無残に刈り取られた植え込みから
三日後
紅い葉が吹き出している




篠突く雨にまみれ反照するアスファルトに
明滅せよ 緋色の塔
鮮やかに胸にAの文字を刻印せよ


刻印せよ




EDIT  |  04:07  |   |  CM(0)  |  Top↑

2007.12.24 (Mon)

クロスポイント

言葉は 最も危険な安全地帯で

沈黙は 最も安全な危険地帯で




言葉と

沈黙の狭間で

君と僕の心は交差して

EDIT  |  03:54  |   |  CM(0)  |  Top↑

2007.12.24 (Mon)

とりあえず自己紹介

っと君は来ない一人きりのクリスマスイヴに最初の日記を書くのも趣があるってもんだ。


なんだか訳のわからないうちにはじめてしまったこのブログ。
とりあえず自己紹介でもしておくことにする。

自分を知らない人もくるかもしれないし。
いや、
やっぱこないかな。

一人きりのクリスマスイヴだから。

まあいいや。


ムラコシです。


EDIT  |  03:39  |  雑記  |  CM(4)  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。