2008年03月 / 02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫04月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2008.03.29 (Sat)

スクリ-ンセーバー



 期講習中。
 低空飛行。

 久しぶりに何か面白い話でもしようと思う。

*****

スポンサーサイト
EDIT  |  22:28  |  雑記  |  CM(0)  |  Top↑

2008.03.25 (Tue)

呼吸


溺れかけているのなら

息継ぎが必要だ。

じたばたしてもはじまらぬ。

問題は、

どこで呼吸すれば、

一番スムーズに人間へと戻れるか、だ。



どうせ人間としての地平からズレ落ちているのだから、
そう大した違いはないだろうが。ね。


EDIT  |  00:05  |  ひとりごと  |  CM(0)  |  Top↑

2008.03.23 (Sun)

過積載

 夏秋冬、好きな季節はいつか、と聞かれると、非常に困ってしまう。
 しかし、苦手な季節はいつかと聞かれれば、ここ数年、間違いなくこう答える。

 春だ。

 花粉症になるからではない。毎年必ず症状が出るが、といって、それほどひどいわけではない。

 春は、いろいろなことがありすぎる。

 今、完全に自分の精神は、過積載。容量オーバーだ。
 しかも正直、
 混乱している。
 この気持ちをどう整理すればいいのか、あまりにも不可解で、困惑を極めている。

 こんなときに限って、なぜか仕事が連休になったりする。
 日曜月曜と、なにも予定が入っていない。
 
 つまり、自分から逃れられない。



*****


 「感情」は、罪だ。
 罪だと思う。


EDIT  |  19:11  |  その他  |  CM(0)  |  Top↑

2008.03.20 (Thu)

十年の孤独

 
 日、大学卒業間近の教え子たちと飲んだ。
 10年前の小6である。
 
 最近、このように元教え子と再会する機会が増えてきた。流れた時間の多さと速さ、そして少しのもののあはれが意識の海底に静かに積もる。





 
 降り出した春の雨に濡れながら、約束の時間に約束の駅前にゆく。
 みんながどこにいるのかはすぐにわかった。
 が、当然向こうはまだ「フツウ」の体型になった今の自分を見たことがない。

「さて……私はどこでしょう。 ムラコシを探せのコーナー!」
 
 と、メールを送り、少し遊んでみたりした。
 時々自分をチラ見する教え子たち。
 後で聞くと、「絶対あれじゃないよ」と思ったそうだ。
 勝利!

 でも、
 本質はこの10年、あんまり変わってないんだけどねw

 
 開店直後の沖縄料理屋に入る。
 

 みんな、髪を染めたり、化粧してたりはしていたけれど、しゃべり方も個性も、昔のまんまだった。
 花咲く昔話。
 酒も進む。









 酔いが回り始め、融け出したロック氷の揺らめく模様を眺めながら、思う。

 実はこの教え子たちが、今日自分を呼んでくれたことが、未だに信じられない。




EDIT  |  14:49  |  雑記  |  CM(2)  |  Top↑

2008.03.19 (Wed)

永久に満たされぬ器の内側に


 を削る日々が続く。
 そんな今夜。
 再びずるずると音を立て始めたラバーソウルの溝から、語りかけてくる。



「お前が最後に器を満たされたのは、いつだ?」
と。



EDIT  |  02:43  |  ひとりごと  |  CM(0)  |  Top↑

2008.03.18 (Tue)

難問と悪問の狭間で

然だが、ここで漢字の問題である。

一 次のカタカナを漢字に直しなさい。
1 サイシンの注意を払う。
2 入学式はオゴソかにとり行われた。
3 願いがジョウジュする。
4 校長先生にエシャクをする。

二 次のカタカナを漢字に直しなさい。
1 ヒマをもてあます。
2 イッシュンの出来事。
3 仕事場のドウリョウ。
4 敵の陣地にトツゲキする。


解答(ドラッグで反転)
一 1 細心 2 厳 3 成就 4 会釈
二 1 暇 2 一瞬 3 同僚 4 突撃


 いかがだっただろうか。これらはすべて中学入試で実際に出題されたことのある漢字である。
 ところで、問題一と問題二の間に、どんな違いがあるのかおわかりだろうか。

 いずれも簡単な問題ではないとは思うが、中学受験を目指す子どもたちにとって、ここには大きな違いが存在するのである。
EDIT  |  03:24  |  雑記  |  CM(0)  |  Top↑

2008.03.13 (Thu)

次に風が止んだら

 

背後に猩猩を隠匿し
羂索が下りてくる


踏み付けられた頭を持ち上げ
霞む鉄塔

どんなときに言葉は
意味を持って君に訪れるのだろう

酸素の色をもう少し見ていよう

一日中日が傾いたままの世界

次に風が止んだら






翳の値踏みを擲って 詩がはじまる

 

 

EDIT  |  00:12  |   |  CM(0)  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。