2010年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2010.06.29 (Tue)

無知の知の唄・急(告知つき)

知~

13082066.jpg

・。;。・。;。・。;。・。;。・。;。・。;。・。;。
MUSIC & READING EVENT ☆ ROKURO LIVE VOL.3
2010.7.3 @そら庵
・。;。・。;。・。;。・。;。・。;。・。;。・。;。


http://rokurokuro.blog.shinobi.jp/Entry/45/
☆日程 7月3日 土曜日
☆場所 そら庵
http://www.sora-an.info/(ホームページに地図がございます。)
〒135-0006 東京都江東区常盤1-1-1
050-3414-7591
sora_an_111@yahoo.co.jp
☆開場 14:30
☆開演 15:00
☆料金 ¥1000 (軽食付き)
☆出演&タイムスケジュール(予定・追加出演者あるかも)
■1500~
KIKORI(music)/渡ひろこ/nana/吉田くん(music)
【 休憩 】
■1600頃~
ROKURO BAND(music)/服部剛/ヨケマキル(music)/ムラコシ剛/たちばなまこと
■1720頃~プチパーティー(交流会)
だだすべりスライドショー・破 公開予定w
 
 今回自分はリーディングと、ROKURO BANDなんとあのギーt……じゃない、御柱……でもない、レスポールを初披露予定!何弾いてんのかわからない魂のチョーキングを聴くがよい! 
ついでにスライドショーも見てけ!


studiogo0001.jpg

 先日行われたスタジオでの練習も順調!

 退職後数少ない公の場におけるムラコシをその目に焼きつけてくれw
 来てね~。


*****


 なんだかんだではいつも強えな、とかW杯もたけなわですが、なんか、ギター祭が続くとか言って、結局しばらく空けてしまって、どうでもよくなってきたw ただの自慢じゃん。という声が聞こえてきそうですが、否めない事実。まあとりあえずストラト購入後のお話で最終回。
 
 なんやかんやでムスタングは回避すべきとの結論に達し、昨年の暮れに某渋谷のisbs楽器で入手した赤いストラト。
 例によって豆知識ストラト篇。


05st2.jpg

Fender USA HIGHWAY-ONE Stratocaster UPGRADE (Wine Transparent/R)¥79800(画像右・新品/アルダーボディ・ローズウッド指板)
 ストラトキャスターは1954年に発表されたフェンダー社の代表作。通称ストラト。エレキギターといえばこれを思い浮かべる人が多い。
 ネックはデタッチャブ(ねじ止め式)で、セットネック(接着剤でつける方式)が常識だったギター界に革命を起こした。ピックアップ(音を拾うマイクのようなもの)はシングルコイルと呼ばれるタイプが3つ。レスポールに代表される、中低音域が強調された太い音のハムバッキングタイプに対し、シングルコイルは抜けのよい高音域が特徴。簡単にいうとレスポールは「バババババ」と鳴るが、ストラトは「ガガガガガ」と鳴る。また、2ピックアップ3音色のテレキャスターやレスポールに比べ、3ピックアップ計5音色の豊かなサウンドバリエーションも特徴。特にハーフトーン(リアとミドル、またはミドルとフロントの2ピックアップのミックス音)というストラト独特のマイルドな音色があり、
clapton1985live_aid.jpg
↑クラプトンなど様々なギタリストが好んで用いる。
 またストラトに特徴的なのが「シンクロナイズドトレモロユニット」と呼ばれるトレモロアーム(音をぐいーんと上げたり下げたりする装置)があることで、従来のトレモロアームよりも大胆な音程変化が可能となった。
jimi-hendrix-guitarist-3-1040a042010.jpg
 ↑ジミヘンの演奏でおなじみ。
 欠点としては、シングルコイルの特性でノイズが起こりやすいことと、パワーが小さいためあまり歪ませた音が出せないことぐらい。それらもアンプの性能やピックアップの載せ換えなどで解決できる。
 どんなタイプの音楽にも対応できる使い勝手のよさが、ここまで普及した要因といえる。見た目的にも同様で、ブルースの人でも、HR/HMの人でも、あまりギターのイメージのないテクノの人でも、果てはそこらへんのタレントが弾けもしないのに無理矢理ぶら下げてても、とりあえずサマにはなるw この辺はレスポールには絶対に不可能な芸当。
 このモデルのTransparentとは塗装が透き通っているという意味で、このストラトは木目が透けて見える。薄いラッカー・サテンフィニッシュ(つやなし)の為、自然な経年変化(塗装引き、擦れ等による風合の変化)が早く現われやすい、とされている。
 解説終わり。


 で、本場フェンダーUSAの品がこの値段で!と思って買ってしまったんだけど、ちょっと後悔してたりするw
 ただ単にトレモロアームが欲しかっただけで購入したのだが、あらためて間近で見るとストラトはやっぱりあの大きなピックガードのせいでどうもプラモデルみたいな印象がぬぐえない。Transparent+つや無しという塗装を選ぶことでプラモデル感を軽減しようと思ったのだが、やっぱり無理だった。

 というわけで、このギター、弟の音源録音アーム使用時ぐらいにしか使ってないw

 やっぱりテレキャスがよかった……。ストラト派のみなさんごめんなさい……。
 でもまあ、これでサブギターもあるわけだし、もう十分だろ。というわけでギター祭もこれで一段落した。





 はずだった。

*****
スポンサーサイト
EDIT  |  06:35  |  雑記  |  CM(0)  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。