2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2010.03.26 (Fri)

エンドロール(感謝と挨拶にかえて)

 V6010133.jpg
3月下旬。
 エッジの効かない生温い大気。いつの間にか、街は春になりつつある。
 今年も、春は苦手だ。

 ムラコシです。
 
*****

 旅をしてきたとか、ROKUROのイベントとか、いろいろ報告することは山ほどあるんだが、一番大切なことを報告していないので、それを優先する。
 本当なら、二週間以上前に報告しておくべきことであったはずなのだが、体調を崩し、治りかけたときに旅に出て、イベントに出て、また少し体調を崩してしまったので、なかなかその気にもなれなかった。
 ROKUROの原稿もあったし。
 個人的に気持ちの整理もつけたかったし。

 でも、いい加減報告しておかなければならない。


 去る2月末日をもちまして、ムラコシ剛、予定通り退職いたしました。


「世界」は、ついに崩壊した。
「夢」は、ついに終わった。

 前回の日記から退職までの出来事を、一気に振り返っておく。
 今は頻繁に更新する力がないから、やれるときに一気に片付ける。
 万感の想いと感謝を込めて。
 長いぞ、覚悟せいw


*****


【More・・・】

 2月初頭。中学入試。
 自分の担当する最後の受験生たちが戦った。
 例年通り、朝から応援にまわった。結果に一喜一憂した。
 今年も受験生全員が満足のいく結果を出せたわけではない。例年通りだ。ごく当たり前のことだ。そう世の中甘いもんじゃない。でも今年の場合、悔しさも一層強い。
 最後に一つだけ残った難関校の発表を、いつしか「小金井黄金のカルテット」と呼ばれるようになっていた(?)4教科の担当が待つ。発表を見にいっている算数の担当からくるメールも熱が入っている。

 実はこのカルテット、自分も含めて4人全員が今月で退職する。
 もっと言うと、仕事場にいた正社員7名中、6名が退職する。
 現状がおかしいと思っていたのは自分だけで、自分は社会生活に敗北した弱い存在なのではないか、という苦悩に、自分は苛まれていた。そんなとき、この話を聞いて、おかしいと感じていたのは自分だけではなかった、という事実に少しだけ、救われたような気がした。
 
 合格。
 最後の着地が見事に決まった。
 また、少しだけ、救われたような気がした。

*****

 休む間もなく2月新年度授業開始。
 人事異動と中学生の新年度開始は3月だが、例年小学生は四谷大塚のカリの都合で、二月に新年度がスタートする。よって、自分も一月だけ新学年、新クラスを担当する。
 本当ならば、この子たちを最後まで面倒見るのがオレの仕事。
 でも、オレはあと数週間で去る。
 だからと言って手は抜かない。抜けない性質だ。
 この文章を授業でやるのもこれが最後か、と思うと、余計熱も入る。
 やり慣れた文章を読ませ、やり慣れたネタで笑わせながら、自分も楽しんだ。
 こんなに授業をやっていて楽しかったのは、久しぶりだった。

 と、同時に、自分は迷っていた。
 自分が去ることを子供たちにきちんと伝えるべきかどうか。
 学校と違い塾では、授業の担当者が途中で変わることはよくあることだ。時間割の都合もあるし、場合によっては評判が悪い講師を交代させることもある。もちろん人事異動がからむ2~3月の時期は、例年担当者が大幅に交代する。
 過去に校舎を去った職員も、最後の授業を何事もなく終え、そのままフェイドアウトしていく者が多かったようだ。
 立場上、秋からは非常勤講師(アルバイト)扱いだし、講師の出入りはどの校舎でも、どの塾でもあることだ。だから、オレも何も言わなくていいだろう。
 そう自分に言い聞かせてみた。

「ズルイな、お前は、本当に。」
「わかってるよ、オレは時々そうやって逃げる。セコい人間だ、嫌になるよ。でも、オレは最後まで、『国語とお笑い担当』だ。生徒を笑わせるのがオレのスタイルだ。」
「だから何だ。」
「別れの挨拶をしてもし泣き出す生徒がいたら、それはオレのスタイルじゃあない。まあ、泣き出す生徒がいるかどうかしらねえけどさ。」
「何職人ぶってかっこつけてんだよ。別れることを生徒の前で言うのが辛いから、そうやって逃げてるくせに。」
 
 優柔不断なオレは、毎晩自問自答した。
 でも、結局、何も言わず普通に終わろう、と決めた。

 最後の授業は、5年生だった。
 漢字の勉強をしてこない奴を叱って、授業中のけじめのつけられない奴を注意して、笑わせて、おどけて、そして普通に終わった。
 ビートルズは『アビイ・ロード』を録り終える時、誰も「最後のトラック」とも「最後のテイク」とも言わずに、その録音を終えたそうだ。
 ジョン・レノンと同じ誕生日の男は、同じように、「最後の板書」も、「最後の発問」も、「最後の解説」も意識せず、淡々と授業を終えた。
 涙は全く出なかった。
 ただ、最後の起立・礼のとき、礼を少しだけ長くしてみた。

 もちろん、6名の大量離脱は「異常事態」なので、翌日に行われる保護者会で一応説明はされるようだ。そこで自分が辞めることも伝わる予定だ。
 その場への自分の出席もありえたのだが、非常勤講師という立場を盾に、遠慮させてもらった。何と言って話をすればいいのかわからないと。
 校長も、理解してくれたが、オレは、また逃げたな、と自己嫌悪した。
 ズルい人間だ。
 もう、心の余裕がないんだよ。許してください。
 だから辞めるんだけどさ。

 でも、
 教訓。
 やっぱり最後の挨拶は、きちんとしておくべきだったのかもしれない。

*****

 翌日。
 もう自分の担当する授業はすべて終わったので、来る必要もないのだが、自分の荷物を片付けなくてはならない。
 中学生の授業が年度替り期のため休みなので、保護者会と小学生のテストが終わった夕方ごろ(つまり職員以外だれもいない時間帯)を見計らって校舎へ行った。

 不意打ちを受けた。

 4年前の卒塾生の女子何名かが、職員室待機。
 来た来たぎゃははぎゃはは、と笑いながら、いきなりオレを出迎える。
 聞けば、さっきまでその時のクラスの女子ほとんどが集まっていたらしい。何人かは帰ったが、残りはオレが来るかもしれないからと待っていたようだ。何か机の上に書き置きしておいたとか言っている。
 確かに机の上に、ぐしゃぐしゃのコンビニ袋にマジックで「ぱ○うむ万歳!ムラコシドンマイ!」(テスト監督のバイトとかで来ている奴もいたから、オレがぱ○うむにはまっていたのを知っている)とか、巻きグソのイラスト(誰が書いたかすぐわかる)とか書いてある。
 もうね、
 お前ら、アホか、とw
 一応お前ら女の子だろが、成長しねえなw……と思ってその袋を持ち上げて、
 
 不意打ちその二。

 その下に置いてあったもの。
 ちぎったノートのページ一杯に書かれた新六年クラスの生徒の寄せ書き。それから個人名と、「サイン書いてください」というリクエストが書かれたノートの切れ端が十数名分。
 もうね、
 お前ら、アホか、とw
 授業中「今ならムラコシ剛の直筆サインがもれなくついてくる」って言っても「いらねーし!」とかさんざんコケにしてたのに、なんだこの仕打ちは。

 こんなパターンは今までなかったはずだ。
 今までだってやめた職員は何人もいたはずなのに。
 でも今回は事情が異なる。こうなりそうなことぐらい予想できてもおかしくなかっただろうに。
 オレは本当にマヌケな人間だ。

 要するにこういうことのようだ。
 オレは非常勤講師だから、昨日授業が終わったら他の職員より先に帰らせてもらった。その後、各教室で専任(正社員)講師が、今回辞める先生たちの話を発表した。そしたらもう子供たちは泣くわ騒ぐわで大変だったらしい。で、誰かがノートの切れ端に寄せ書きを書くことを思いついて……、ということらしい。
 卒塾生の方は、保護者会経由だ。弟妹が在塾している父母が保護者会で大量離脱の話を聞き、姉がメールのネットワークを駆使してメンツを集め、押しかけた……、ということらしい。
 だからまあ、オレだけが目当てじゃあないわけなんだけど、しかし、

 もうね、
 お前ら、アホか、とw
 お前ら、宿題はきちんとやってんのか。
 卒塾生も、そろそろ期末試験じゃないんか。
 こんな心が弱って逃げ出すように辞めていくやつの相手してる暇あるんかい。

「あー、先生どこ行くの!」
「タバコだよタバコ!」
「なに~?せっかく来てやってんのに!タバコ体に悪いよ!」
「うっさいわ!」

 ホント、うっさいわ、お前らw
 察しろよ。
 きっかけと登場人物の反応で、心情を理解しろって教えただろ。
 

 二階のテラスで、
 ああ、そういや、あのときもここでタバコ吸いながら泣いてたな、
 と思い出しながら、

 泣いた。


 すまん。
 最後まで見てやれなくて、ホントにすまん。
 わざわざ駆けつけてくれて、ホントにすまん。
 ありがとう。
 
 三十路も後半の大の男が、子どもに泣かされた。


 聞いた話では、保護者会の際、本部の部長の今回の件の説明に納得のいかない父母から厳しい追及があったそうだ。こんなに大量に離脱するのであるから何かあったと思うのが普通だろう。当然の結果だ。
 しかし、嬉しいことに、父母は我々の味方をしてくれたらしい。先生たちが辞めざるを得ない状況を本部が作ったのではないのか、と。
 我々を信頼してついてきていただいたことの、何よりの証だった。

 すみません。
 お子さんを途中で放り出すこと、お許しください。
 ありがとうございます。

 その後、今年受験したばかりの教え子親子が何組か、噂を聞きつけて職員室を訪れるに至って、オレは観念した。
 校舎のパソコンのアルバイト名簿に載っている卒塾生に、退職の挨拶メールを一斉送信した。
 
*****

 3月1日。
 本来なら、前日に退職になっているのだが、この日は都立高校発表日。
 同時刻に都内各校の合格発表が行われるので、毎年人手不足だ。
 で、中学入試担当の自分も毎年手伝う。普段ジョギングをやっているので、近隣の学校を2~3校毎年走ってハシゴするのが自分の得意技。今年もそれを依頼された。
 金はもちろん出ないが、快諾した。
 最後のお仕事だ。

 一校目、超名門として知られる難関校5人全員合格。
 気持ちいい。
 走って15分、二校目。

 ……受験者二名、ともに番号がないが、手渡された名簿に印字されている受験番号の様子がおかしい。
 どうやら名簿の受験番号記載ミス。 別の学校の番号だろ、これw
 
 オレの最後の仕事にふさわしいグダグダっぷりだw

 一度帰宅、シャワー後、出勤。
 結果を報告しに来る中3を笑わせて、
 オレの仕事はこれで終わり。

 堂々と正面入口から出た。

 いつも立ち止まっていた開かずの踏切は、高架完成で廃止され、もうない。
 踏切であったはずの場所を越え、振り向くと、
 向こう側、となった北口方面が見える。
 
 自分のいた「世界」が、細かい砂粒の靄を上げ、静かに崩落してゆくように見えた。
 それは意外にも、甘美な光景として映った。
 
*****

 近況。

 ああ、これで休める、
 と思った矢先にこじらせた風邪が、未だに治りきっていない。
 体は正直だ。気が抜けた瞬間、容赦せずに自分を倒す。
 だから、まだのんびりはできていないのだが、これから先もうないであろうご褒美のこの時間を、しばらくのんびりする予定だ。この先は未定。
 心身の順調さを欠いて、少しリバウンドしすぎてしまった体をもう一度立て直すことが、当面の目標か。


 今、自分は一人の世界にいる。いや、誰もが一人の世界を持っているんだけれども、そこから様々な世界に自分を転生させ、触れ合って「社会」を形作り、日々を送っている。自分は、帰ってきてしまっただけなのだ。
 自分の世界だけが真実なのか、「社会」が真実なのか、それともどちらも真なのか、どちらも虚なのか。それはわからない。
 しかし、基本的に、人間は一人で存在する。誰かがそばにいてくれることはあっても、昔あったアニメの人類補完うんたらみたいに、互いに同化することはできない。これは真理だと思う。
 であるとともに、感情と記憶、これも疑いようもなく脳内に鮮明に残る。孤独な人間が、孤独でないことを求める何よりの証左。
 自分はまちがいなくここにいる。
 そして、いつでも、自分という現象を、「社会」と呼ばれる異世界に送り出すこともできる。
 だから引きこもるつもりは、ない。
 浮遊霊のように、うろつくよ。

*****

 新たにここにたどりついてしまった「お笑い塾講師ムラコシ」としての自分しか知らなかった教え子達へ。

 はじめまして、ムラコシです。
 オレがやっているROKUROをはじめとした活動に少々驚くかもしれない。
 でも、これがオレの正体みたいなもんです。ホントはもっと複雑だけど。

 「社会」の流れとは全く無縁の世界に今いるので、次々と展開していく事象には正直対応しきれないし、動けない日は、全く何もできないけれど、一応毎日暇です。安静を要する大病を患っているわけではない(ジョギングができるぐらいなのだから)ので、何かあったら連絡してみてください。
 特に飲めるようになった皆さんとは、是非飲んでみたいです。
 そのときには、俺が焼酎を飲みすぎてないかどうかだけ気をつける、という予備知識だけ持っておいてくださいw
 

 ○○○小金井校に関わった全ての方々へ。
 ありがとう、みんな。


スポンサーサイト
EDIT  |  15:29  |  雑記  |  CM(5)  |  Top↑

*Comment

■どうも

たぶん俺も4年前であってますよね。
話に出てくる奴らが簡単に想像できますもん。

俺も混ぜて欲しかったなー。
メアド交換しときゃよかった。

いつかあるであろう飲み会で仲間はずれは避けたいな。
先生(今でも俺にとっては先生です)にアドレス教えておくべきですね。
今度メールしますよ。
自分は面倒くさがりやなのでいつになるかわかりませんがw

それでは。

s.k |  2010.03.30(火) 01:02 |  URL |  【コメント編集】

s.kくん>
合ってます。ご想像の通りです。
ソフトクリームの作者も、おそらくご想像の通りwwwwwwwwww

ミクシとかやると、あいつら何人かいるから、繋がれると思うよ。
アドレス了解。いつでもお待ちしてます。
Xデーにはぜったいキミも呼ぶぞ。

でわ。


ムラコシ剛 |  2010.03.30(火) 12:42 |  URL |  【コメント編集】

なみさん>
こちらこそ初めまして。
こんな過疎のブログにまでわざわざ自動送信お疲れ様です。
ウイルスとか詐欺にひっかかる余裕ないので、お願いですから遊びに来ないでくださいw



ムラコシ剛 |  2010.04.24(土) 08:08 |  URL |  【コメント編集】

先生!!びっくりしましたよ?!(苦笑
先生がいなくなってからも私のヲタク度は上がりっぱなしですwww
中2の先生が担任やってたクラスにいたヲタク少女明日香ですよ!!覚えてないとか言ったらちょっと怒って泣き出しますww

いろいろあって元中二Bのみんなはぞろぞろやめていってます。あー、でもうちと、うちにいつもツッコミ入れていたHちゃんは残ってますよー!!
英語のS先生が府中の某ラーメン店によく先生が出没するという情報を提供してくれたのでいつか行ってみたいと思います☆
志望校に合格できるようにがんばります!!

あと、ごめんなさい。
先生の文法の授業すごくためになりました。あの用言の覚え方のプリント、あさっての国語の中間テストに使いますw活用形全部いえますよ!ほめて!←
馬鹿にしてすいやせんでしたww

長文失礼しましたw
明日香 |  2010.05.18(火) 16:57 |  URL |  【コメント編集】

明日香さん>
あー誰だっけw
こっちはすんごく忘れたいんだけど忘れたくても多分一生忘れられないであろうことが非常に悔しいんですけど、お元気ですかw まあ元気そうなのは読みゃわかるけどw

冗談はさておき。
返信遅れてすいません。どうも放置気味なので、ここw
こんなところまでようこそおいでくださいました。
S先生の言うラーメン屋ってどこだろう、二郎かな? どっかで見られたかw
俺が行くところ結構カロリー高いから気をつけてね。

そうですか、ぞろぞろ辞めてますか。その件に関してはもう自分は何も言えないのであとは各ご家庭の判断にお任せするとしかいえないかな。
Hさんも元気ですかね。授業中あんまり落書きしないようにお伝えくださいw

文法のプリントが役に立っているようで非常に嬉しいです。ありがとう。よかったよかった。がんばってますね。
あれはオレのオリジナルだから他の先生は教えないぜえ、きっと。

今ちょっとリタイア中なんで夜遅く食事をとることが多いんだけれど、オレが飯食ってるときに弟が横のテレビで何を見てるかで曜日を確認する毎日です。
あ、今日はけいおん(つまんないけど絵がハンパねえ)だから火曜日か、とか、あ、今日はエンジェルビーツ(話あたふたしすぎだけど結構面白い)だから金曜日だろ、とか。
何気にオレまでさらに詳しくなってるw 助けてください。
working一緒になって毎週見ちゃってます、助けてください。
わたしちっちゃくないよ!とかわかっちゃいます。助けてください。

とりあえずこんな感じで。
また来てね。
むら |  2010.05.20(木) 23:20 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。