2017年07月 / 06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2010.05.29 (Sat)

無知の知の唄・破

ラッシャー

「こんばんは」のラッシャー木村が亡くなったらしい。

 国際プロレスの「金網の鬼」としてトップを張り、しかし国際プロレス崩壊後、新日で対猪木の悪役に祀り上げられ全国の憎悪を一身に浴びた。でも、素では義理堅くて本当にいい人だったらしく、相手に頼まれると断れない性格だったそうだ。それがたとえ、3人がかりで猪木を倒そうとする、小賢しく卑怯な役回りを強要されたときでも。
 ごめんなさい、自分も少年時代、あなたが猪木にボロクソにやられたとき狂喜していたクチです。

 でも、最後には全日で「マイクの鬼」としてみんなから愛されたラッシャーさん。

 個人的に一番気に入っている一言。
 試合後の永源遥に向かって、
「永源! ところで日本の美味しいお米はどこにいったんでしょう……?」
 記録的な米不足になった年のことである。

 その人柄が報われてホントによかった。お疲れ様でした。合掌。

 しんみりとしてしまいましたが、ムラコシです。

*****

 さて、先日文学フリマにて、ROKUROを購入いただいた方々、どうもありがとうございました。我々ROKURO一同心より御礼申し上げます。
 6号宣伝用キャプチャ裏表
 通販ご希望の方は、以下のアドレスまで↓
http://murasaki.moo.jp/rokuro_index.html
http://rokurokuro.blog.shinobi.jp/
 ご安心ください。ワンクリック詐欺はありませんたしか。

 7/3のイベントもお楽しみに。

*****

 さて、
 前回、昨年晩秋のギブソンレスポール入手顛末をお伝えしたが、今日はその続編。
 今日もギター祭だぞ。
1493747368_5.jpg

 あのあと、ギー太(仮名)なんてアホな名前を強制的につけられてしまった哀れなレスポール(↑)に、各方面から様々な名前候補が寄せられた。


clapton1985live_aid.jpg
クラプトンのブラッキーのような、
20081124_516082.jpg
キース・リチャーズのミカウバーとマルコムのような、
king_bb_450p.jpg
B・B・キングのルシールのような、
buchanan_roy.jpg
あるいはロイ・ブキャナンのナンシーのような、

そんないかした名前が多数寄せ……られるわけがなかったですw

 もうね、ギタロウとか貞子とか御神木とか馬みたいに頭に「シンボリ」をつけるとか、唯とか平沢とかあえてギー太のままでとか。結局大喜利になってるし。 
 「そもそもギターに名前をつける時点で終わってるw」という意見もあったし。
 至極ご尤もな意見です。
 つか、よく考えたら、愚弟に勝手に命名されてるだけで、そもそもオレも名前をつける気などさらさらなかったんだがw

*****

 レスポールが家に来てしばらく経ったころ。

【More・・・】

 愚弟は、以前書いたように、友人とコンピューターで自作の音楽を細々と作っていて、ぜひそのギー太とやらで録音に協力してくれよ、キヒャヒャ、と下卑た笑いで言ってくる。
 ムカついたが、折角ギー……じゃなかったレスポールを入手したのだから、使わないと勿体ないとも思って、一応了承はした。
 ただ自分はエレキギター好きだが、そんなに技術があるわけでもない。録音に値するような演奏ができるかどうか、と釘を刺した。すると、ならこんな感じのは弾けるか、とある曲を聞かされたのだが……。

「こんなの好きなの? そこそこカッコいいけど、どっかのビジュアル系がやりそうな曲じゃん。何この曲?」
「『Don’t Say “Lazy”』を知らんのか、『けいおん!』のエンディングテーマだろ。」
「…………」

 貴様はオレのレスポールをどうしても「ギー太」扱いしたいらしいな!

「オレにアニソンを弾かせる気か?」
「いや、そこまでは言わんが、このソロとかのレベルのフレーズは弾けるかを知りたいだけ。」
 と、最後のちょっと練習しないと弾けなさそうなギターソロをリピート再生する。
 ムカついたので、意地でも弾いてやろうとスコアを借りる。(てか、スコア売ってるんだw)

 が、そこにあったのは「arm~」の記号。
アーム
 こんなやつ↑
 トレモロアームという装置を使って音をうねらせろ、という意味である。
 前回も書いたが、レスポールにはその機能はついてない

「おい、ここ弾けねえよ。チョーキングでごまかしていい?」
「あそうか、レスポールにはアームないもんね、グヒョヒョ
キサマ、今全世界のレスポールユーザーを敵に回したな! 大体なあ、アームなんて邪道なんだよ! コスい機能じゃなくてフレーズで勝負しろフレーズで!」
「あー、じゃ兄さんが好きな
jimi-hendrix-guitarist-3-1040a042010.jpg
↑ジミヘンのアーミングも邪道というわけか。」

「ジ、ジミヘンは……」
ジェフベックも好きだろ。あの人のアーミングはだれも真似できないって前言ってたじゃん。
JeffBeck_0101.jpg
↑これも邪道?

「…………。」
「兄さん、今全世界のジミヘンファンとジェフベックファンを敵に回したよw」

*****

 というわけで、安くてもいいから、アームがついてるサブギターが欲しくなった。
 
 まあよく考えれば、レコーディングするならレスポールだけじゃなくて、シングルコイルのシャープな音が出せるギターもあったほうがよいに決まっている。となるとやっぱフェンダーかなあ。赤いの欲しいな。

 その前に、二台目にまで変な名前をつけられてはたまらない。

 しかしあの後愚弟に半強制的に見させられた『けいおん』DVDで、
4.jpg
 ↑フェンダーのギター使用者がいないことは確認済。
 よし。(何がだ)

 ならまずはストラト(ストラトキャスター)か、ということになる。希望の赤もあるし。
 だが自分はフェンダーのギターならストラトよりテレキャス(テレキャスター)の方がずっと好きなのだ。テレキャスと比べるとどうもストラトって「プラモデル」みたいな印象があるし、あまりにも当たり前すぎて面白くないというか。しかし残念なことにテレキャスにもトレモロアームはない。(レスポールにもテレキャスにも「ビグスビー」というところが出している後付のアームをつけることはできるんだけど、でかくてかさばるんだな、あれ。)

 そんな時ふと、あ、この手もあるか、とネットで発見したのが、「今話題のモデル!」という宣伝文句とともに掲載されていた
DS00947506_1.jpg
↑このギターである。
 これもプラモデルみたいな感じはするが、当たり前、という感じではない、結構マニアックな一品。

以下解説、飛ばし読み可。

Fender Japan Mustang 69MH/old candyapple red \76000
 ムスタング。フェンダーが1964年に発売したモデル。スチューデントモデルと呼ばれる比較的廉価な入門用ギターとして知られるが、軽い力でアームの操作が可能なダイナミックビブラートと呼ばれる、ストラトとは異なるシステムのトレモロユニットが装備されているのが特徴。また、ショートスケールと呼ばれる22.5インチの比較的短い弦長と薄めのネックも特徴で、女性や手の小さな日本人でも扱いやすいとされている。
 ピックアップはシングルコイル×2だが、スイッチ操作によってアウトオブフェイズサウンド(二つのコイルを逆位相で通電し、互いに干渉させあって独特の音を出す)が可能。自分も詳しくは知らないのだが、簡単に言うとクイーンの曲によく出てくる鼻をつまんだような音がそれで、エフェクターや改造なしでこの音を出せるギターは珍しい。
 基本的に廉価版のモデルなので、ストラトなどに比べて低音の発音やサステインが苦手で、トレモロアームもチューニングが狂いやすく、必ずしも使い勝手のよいギターとはいえない(とされている。よく知らんけどw)。が、高音部の「暴れまわるような」と表現される独特のサウンドと「ムスタング」(=アメリカに生息する野性の馬)の名称から「じゃじゃ馬」の愛称で親しまれ、プロでも愛用するものも多い。古くは60年代のサーフミュージックで多用、
23767_4.jpg
日本ではCharの愛器として知られていたが、
Kurt+Cobain.jpg
90年代にカート・コバーンをはじめとするグランジ、シューゲイザーなどのオルタナティヴロックのギタリストたちが、当時マイナー機種と化していたフェンダージャガー、ジャズマスターとともに当モデルを使用し、再び注目された。
 本家アメリカでは82年に生産終了となったが、日本ではフェンダージャパンから現在も生産・販売されており、比較的容易に手に入れることができる。また、ビンテージ市場においても、元が廉価モデルなだけに、60年代フェンダーUSAの品に素人でも思いのほか手が出しやすい値がついていることが多い。

 豆知識終わり。


 まあ、単純にいうとチープで多少マニアックだけど、意外と面白いギターなわけね。軽自動車なのに結構いい走りする、みたいな。あるいは町工場のオッサンがスーパーロボット作っちゃったみたいな。さすが「じゃじゃ馬」とよばれるだけあるw
 よし決めた、こいつにしよう。中古を探せば値段もさらに安いだろ!


 その画像を愚弟に見せると、「あれ、結局ムスタング買うんだ。」と即答。
「お、意外、知ってんのかムスタング?」

「買っちゃいなよ~ユ~、面白いからさあ。そうかぁ、兄さん実はそういう趣味か、ふひゃひゃ」

 嫌な予感。




お前、何か隠してるな! お前がムスタング知ってる時点で超怪しい!」
「知ってるも何も、『あずにゃんぐ』じゃん。」


 ……え?
 こいつ、また何か電波なこと言い出したぞ?


「あ、あず……?」
「あ、でも最近原作で『むったん』って正式に名前がついたみたいだね。」


 ……げ、原作?
 む、「むったん」だと!




「……一応確認するんですが、原作って、それも例のアレですか?」
「あれ、ホントに知らない? そう、アレですよ、グフフ」
「だ、だってあの人、レスポール5万で……」
「それは『ユイ』でしょ。
何だ兄さん、『あずにゃん』の方、知らんのか?




 無知の知。
 自分は物事を知らないということを自覚している。
 だから先述の通り、自分はDVDできちんと確認したはず。

『けいおん!』のメンツはたしか4人。
12四天王’
 主人公がギターのユイちゃん、
 黒髪ロングがベースみおちゃん(レフティ)、
 金髪マユ毛がキーボードムギちゃん、
 オデコがドラムのりっちゃん。

 ギターはレスポール使い1人。ベースはフェンダーのジャズベースだったが、ギターでフェンダーの、しかもムスタング使いなんていなかったはず。
 万全だったはず。

「ほら、こいつ」
5人
 パソコンで画像を得意気に見せる愚弟。


5人比較
 
 げげっ 増えとるっ!


赤い「じゃじゃ馬」を抱えた、見覚えのない、いかにも萌えキャラのツインテール(いや、他のメンツも基本萌えキャラだがw)
a964c8a9.jpg
 
 ご、五人目がいやがった!




「こ、こんな人、いなかったよね? たしか」
『あずにゃん』っていう後輩。ま、エヴァでいうところの、物語中盤であんたバカァの赤い人登場的なアレ。」
「で、こいつが二人目のギターであると。で、またギターに変な名前がついてると、そゆこと?」
「そゆこと。」

 無知の知。
 自分は物事を知らないということを、ギリシャの哲学者ではなく、非実在の高校生に再認識させられる。
 新キャラ登場までは頭が回らなかった……。


 けいおんファンにとっては常識なのかもしれないが、自分はこのときまで彼女の存在を全く知らなかった。
 愚弟によると「あずにゃん」のムスタングは当初特別な呼び名がなく、ファンの間で勝手に「あずにゃんぐ」と呼ばれていたが、最近原作マンガの方で正式に「むったん」という呼び名がついたらしい。


 いやもう「ぽこニャン」だか「ノンタン」だか知らんが、


 全国のCharファン、およびニルヴァーナファンのムスタングユーザー各位。
 アニオタがあなたのムスタングを変な名前で呼んでますよ!

B003FG9L4C_09_LZZZZZZZ.jpg
 ↑こいつらのせいです!(右から二番目の人が件のあずにゃん)

「……また、何でこいつ、よりによってムスタング使ってんの? 作者カートコバーン好きなの?」
「この子はちっちゃいから、このギターが合ってるんだと。そういう設定。」
 先述の通り、ショートスケールでネックが薄く、女性や手の小さな日本人でも扱いやすいとされているムスタング。重くてネックが太いレスポール使う非現実的な女子高生がいる一方で、なぜこっちだけ設定がリアルなのだろうかw


 そうか、それでギターのサイトに「今話題のモデル!」とか書かれてたのか!


 ちなみにオレがこのことを知らずにムスタングを買ってきてたら、お前やっぱり変な名前で呼んでたのか、と訊くと、
「当然じゃん、ヒヒッ。いやー惜しかった。これで傍から見たら兄さんは重度のけいおんオタ確定だったのに、やっぱだまっときゃよかったかな~、むったんむったん♪」




 ……ムスタング、断念!
 



 危ないところであった。
 つか、何でギター買うのにこんなこと気を遣わなきゃならんのか腑に落ちん。


*****


 というわけで、
 05st2.jpg
結局ストラトを買うという、無難な線に落ち着いた。でも、結局色は赤にしたので、愚弟に何か言われるかと思ったが、
「何だ、結局むったん買わなかったんだ。むったんみたかったのになあ、むったん。」
で終わった。

 というわけで、2本目のギターとして、ストラトが期せずしてやってきた。
 名前はいらない。
 ……と思ったが、オオギリ的な展開を期待している人が多数いそうなので、一応募集してみるw
 ギー太(仮名)の正式名称も引き続き募集。

*****

 ところが、ギター祭はまだ続くのである。
 え、まだつづくのか?

 
スポンサーサイト
EDIT  |  21:14  |  雑記  |  CM(8)  |  Top↑

*Comment

なんですって!!あなた、あずにゃんを知らないってどういうことなんですか! うちの後輩にけいおん!ファン2人いますよw
そしてひとりは「Azusa Nakano」って名前の入ったむったんを土曜日の部活に持ってきてたしw よく見ないであなたがむったん買っていたら、もしかしたら、「Azusa Nakano」って入っていたかもしれませんよアヒャww←

むったん買えばいいのになんでもないです(キリッ
明日香 |  2010.06.01(火) 20:08 |  URL |  【コメント編集】

■Re: タイトルなし

あすかさん>
だから秋の話だってヴぁw
その後原作読んで(読まされて)ちゃんと認識したって。

その「むったん」ね、「Fender」の「元祖」じゃなくて、別のとこが作ってる入門者用のモデルだと思う。けいおんのロゴとか入ってたでしょ。本物は「azusa・・・」の部分が「Fender」となってるはず。ギター通販のサイトにころがってた画像見たけど、ブリッジの形状がだいぶオリジナルとは違うみたい。
つか「Fender」の本物に「Azusa・・・」と書いてあったら、オレ泣くわ。

ちなみに、オレが手を出しかけたのは「ムスタング」だぞ。「むったん」じゃなくてw
念のため。

むらこし |  2010.06.02(水) 00:52 |  URL |  【コメント編集】

■管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2010.06.04(金) 20:44 |   |  【コメント編集】

■Re: タイトルなし

管理人からしか見えない破壊神の方>
おーついに来たねwwww
ようこそいらっしゃいまし~
お元気ですか。

何か諸々大変そうですね。自分が居た時にもう少し何とかしてあげられてたら、と思うと非常に申し訳なく思います。お役に立てずゴメンなさい。

もうすぐ夏だけど、心身ともに気をつけてがんばってくれることを祈ってます。

はい、こんなことやってました。ま、放置気味ですがw
気がむいたらちょいちょい覗きに来てください。下らんことしか書いてないですがw

でわでわ
むらこし |  2010.06.05(土) 07:29 |  URL |  【コメント編集】

■管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2010.06.05(土) 21:54 |   |  【コメント編集】

またまた管理人にしか見えない教え子様>
ごぶさたしてます。いらっしゃいまし~。
レス遅れてすいません。
へー、あいつ経由でたどり着くとは意外だw
がんばってるみたいですね!中学以降の口語文法は予習シリーズの教え方とちょっと違う(というか文節や主語述語あたりの考え方とかが予習シリーズはごまかしているw)し、これから難しくなるはずだから気をつけてください。
そこそこ元気です。
体調心配してくれてありがとう。
むらこし |  2010.06.07(月) 12:33 |  URL |  【コメント編集】

バリバリ元気ですよ!

突然ですが小村寿太郎の親戚でしたよ、けいおん男wwwww
もじゃ子さんが言ってましたw
知ってたらドンマイw
クラッシャー |  2010.06.20(日) 14:00 |  URL |  【コメント編集】

■Re: タイトルなし

クラッシャー木村さん>
え、マジすか?
あいつが不平等条約を解決した人の親戚?
日本終わったw
むらこし |  2010.06.29(火) 04:21 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。