2017年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2010.12.02 (Thu)

テレキャスでシブがき弾いて冬もみぢ (告知つき)

3767940098.jpg
 アイシテナドナカッタワ
 覚えていますか? アニータです。


 嘘です。
 ムラコシです。


 なんだ、いつの間にか秋も終わりか?
 みなさん、元気でしたか?
 唐突だが、

 告知だ!


1 同人詩誌「ROKURO」第7号発売
rokuro7表紙

 ROKUROも早いものでもう7号。完成しました。

☆特集:「われらの日本WEB詩人会」・「詩について」 
 日本WEB詩人会主宰・高坂冬威さんはじめ、珠玉のエッセイ。詩の雑誌なのに、第7号にてようやく初めて詩を語るという点についての突っこみは受けつけない。
☆ゲスト詩人:長谷川忍・服部剛・rabbitfighter・うわの空。・nana・かわりもとかお・イチカワナツコ・安西いすゞ(敬称略)
 お楽しみに。

 通販ご希望の方は下記サイトまで。
 http://murasaki.moo.jp/rokuro_index.html


2 文学フリマ参戦

 蒲田での文学フリマにROKURO出店。もちろんROKURO第7号も販売。

☆第11回文学フリマ 
 12月5日(日) 大田区産業プラザPiO 11:00~17:00
 小展示ホール
 ウ-11 ROKURO


3 ROKUROライヴ開催 
ROKUROLIVE.jpg

 またやるぞ! 以下詳細↓
 
★・。★;。★・。★;。★・。★;。★・。★;。★・。★;。★
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  MUSIC & READING EVENT ☆ ROKURO LIVE VOL.4 〜忘年編〜
  2010.12.18 sat @そら庵
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
★・。★;。★・。★;。★・。★;。★・。★;。★・。★;。★


*主催* ROKURO http://murasaki.moo.jp/rokuro_index.html

★2010年12月18日(土) PM 16:00 〜 PM 18:30頃(開場 15:30)
◇終了後交流会(忘年会)あり 〜 PM 20:30頃まで

★於:ブックカフェ そら庵 
〒135-0006 東京都江東区常盤1-1-1 ℡ 050-3414-7591  sora_an_111@yahoo.co.jp
(駐車場無し。近くにコインパーキング有り。)
清澄白河駅から 徒歩7分 森下駅から 徒歩10分
http://www.sora-an.info/
★料金:¥1000 
※一部ドリンク&交流会(食事)代込み

★ 出演&タイムスケジュール
第一部
◇ 那津 ◇ 渡ひろこ ◇ 吉田マサト * music ◇ nana ◇ 大島健夫
◇ マキルドライヴ(ヨケマキル・あおやぎ健治)* music
第二部
◇ ムラコシ剛 ◇ たちばなまこと ◇ ぬくみりゑ ◇ 長谷川忍
◇ ROKURO BAND * music
※敬称略


 当日自分はまたまたギターとリーディングで参戦。
 交流会ではもちろん、危険すぎて表には決して出せないあの極秘企画、大好評?「だだすべりスライドショー年末スペシャル」もやるぞ!
 お楽しみに!

*****

 で、最近は・・・

【More・・・】

 最近は上記項目関連の作業・練習でそれなりに忙しい日々を送ってきたわけだが(去年までの生活から比べれば屁でもありませんがw)、ちょっと体調とかもすぐれない日が多かったりしてほったらかしでした。すいません。



 ROKURO7号の編集作業が一段落して、今はライヴイベントに向けてギターばっかり弾いておる

 今回予定しているギターが目立つとある曲のために、最近はギーt……じゃなかった、初号機ことレスポールさんはお休みで、もっぱら参号機ことテレキャスさんをいじっている。
CIMG3024.jpg

 弾きこんだせいか、最初いまひとつなじめなかったフェンダーの弦間ピッチ(レスポールより微っ妙に広い、らしいが)にも違和感を感じなくなり、すっかり手になじんだ。はじめから気のせいだったという説もあるがまあどうでもいいや。テレはレスポールに比べて音の立ち上がりやサステインが全く違うから、意識して滑らかに弾かないと下手さがすぐにバレてしまうギターでもあるので(まあそんなのこっちの比ではないが)、いい練習にもなる。

 ホントはアームのついてる弐号機ことストラトを使いたかったのだが、
 うちのアレ、どうも納得のいく音が出ない。

 当然フェンダー特有の「鈴鳴り」も、必殺の「ハーフトーン」も出るのだが、
 総じてなぜか
 八十年代前半のポップスみたいな奥行きのない平~らな音しかしないし、おまけにネックがイマイチ握りにくい。

 一方テレキャスは中古ながら本来ならうちの弐号機よりもワンランク上の価格帯のブツのせいか、いい音を出す。
 前にも書いたような気がするがテレはリアが思いのほかパワフルで自分好みのいい音だし、ついでにネックも非常に握りやすい。で、アームはあきらめて、テレで押し通すことにした。

 考えてみりゃまあ贅沢な話だし、しっかり弾き比べてからようやくわかる微妙な差なんだが、あるものは使えばいいよね。うん。

 断っておくが、ストラトだっていいブツはまちがいなくいい音を出すはずである。「フェンダーUSAの新品」という文字につられて中途半端なヤツを買ってしまったのがいかんのだ。というわけで、
imagesCAQOFZG6j
つや消し塗装の粉吹きボンネット(←愚弟命名)こと弐号機はひょっとするといつか売ってしまうかもしれぬ。
すまん粉吹き。

 というわけで、今回のライヴは上の写真の、シースルー赤塗装っつーなかなかない色の参号機テレで参戦します。
ギー太を晒す哀れな独り者」リターンズを期待していたみんな、残念でした。
 まあね、
31dad16a3acc43d41ed1b65f5f975e5709257408.jpg
 こっちにテレは出てきても、
0007.jpg
 こっちには出てこないだろ。 

 大勝利。

 名前つけたきゃつければつけてもいいよ。ただし、ベックファンに恨まれないようにご注意ください。

 ていうか、レスポール人前に出しにくくてしょうがねえから、ちゃっちゃと映画作って終わらせてくれよ、けいおん。 


*****


 さて、

 先日、
 KAT-TUNの新曲がニコ動に上がってたボーカロイド(初音なんとかさんとゆかいな仲間たち)のオリジナル曲にそっくりだってので騒動になってるというミクシのニュースを見た。

 まあ↓聞いてみてください。比較動画。




 これについて受けた様々な感想。

・自分も聞き比べてみたんだが、あーやっちゃってるなあという印象。

・bpm・リズム・符割みんな同じ。最初の分散和音?もなかなかのコピー度。

・「元ネタ」の方がカッコイイ。動画の最後の「マッシュアップ」の違和感全くなし。

・こういう話は昔からあるが、今回はネットに投稿されたアマチュアのオリジナル作品が元というのが時代を感じる。しかしこの話がクロならば、パクった側は「ボーカロイドならバレない」とでも思ったのだろうか。もしそうなら
image_20101105223806.jpg
こんなのや
4e2f4d05.jpg
こんなのができるこの時代を理解しきれていない。

・著作権がどうとか騒がれているニコ動がらみなので、「お前がパクリと言うな!」という見当違いの批判があったが、曲自体はオリジナルであって著作権も発生する。しかもこの曲はアンソロジーCDに収録されて商業ベースに乗っているとも聞くのでなおさらである。ちなみに初音なんとかさんたちの画像は、ソフト会社が版権フリーにしているので自由に使っていいし、自分で描いてもいいらしい。
だからいつの間にか
24643342691101101725816310839523114d1.jpg
ネギ持ってたりするようになったんだと、へぇー。

スキャンダルの類の報道や肖像権に厳しいジャニーズが、
20090116172542.jpg
 今回の件でどう出るかは非常に興味がある。

ジャニヲタVSニコ厨の熾烈な罵り合いが傍から見ていると痛々しい

・歌わされているカツンは悪くない、悪いのは作曲者だ。これはまあ正論。

・ところがニコ厨は「悪いのは岡本真夜をパクった作曲者であって上海万博主催者に責任はないのか」という図式にあてはめ、ここぞとばかり理屈をふりかざしジャニーズを攻撃。
 中国や韓国のパクリに対してもそうだが、こういうときに敏感に反応する人々は自らの転載動画の著作権には鈍感らしい。

・しかしこういうときの反論のスキルがジャニヲタにはないのか、感情的に
「ぁんたらのせぃでKAT-TUNがひどぃ目にぁってる」
「KAT-TUNゎ悪くなぃ、パクったのゎそっちだ」
「KAT-TUNのおかげで有名になったンだからむしろ感謝してほしぃ」
 と必死に小文字だらけかつ穴だらけの擁護をするだけ。
 必死なのはわかるが、これでは傷口に塩……。

・で、うちには一人ボカロ使い(愚弟)がいるわけだが、
 ・・・本人はなんか思いのほか冷めていたのでつまらなかった。


中田ヤスタカにもいくつかあるのだが、なぜニュースにならんのか、とも個人的には思った。
sefa0.jpg→→capsule.jpgとか、

78759Cover.jpg→→a4a291092bd36efc21a0cb83ec34b995.jpgとか。



・作曲の経験のある立場として述べると、作曲というのはそれまでに耳にしてきた音楽環境に大きく左右されるわけであって、どこかで聞いたことのあるようなフレーズができあがることはしょっちゅうである。
 この間ライヴの練習をしていて、こいつらっぽいフレーズを気づかずに作っていたことを指摘され、大爆笑したばかりである。
 もちろん没った。

・まあ原曲の作者は災難だな。
 で、かつんもある意味災難だな。


・しかし「赤西神回避」というコメントをどっかで見て笑ってしまった。

・どうでもいいがKAT-TUNはさいしょカッツンかと思ってた。
 そういやカトゥーンって赤西いなくなったからクトゥーンじゃないのか?

・で、すみません、そんな自分も拾い画像使いまくってます。
 許して(涙)

 まあ、いくら騒動になろうと、自分の暮らしに影響があるわけではないので、自分にはどうでもいいことなのだが。
 もう大して売れてもいないのになぜか紅白に出てディズニーメドレーを得意気に歌ってたこの人の誕生会ぐらいどうでもいいことなのだが。


*****


 そんなことがあってふと思い出した。

 チミたち、まだまだであります。
 この程度でパクリがどうとか言うのは甘いのであります。


 80年代J-POPをなめてもらっちゃ困る!

 まあ、以下の二曲を聞き比べて下さい。
 はじめに断っておくが、歌のメロディー自体は全く違う。しかし、それぞれのイントロ十数秒を聞き比べれば大爆笑確実。
 上は80年代丸出しの陽気なアメリカ西海岸HRバンド、ナイトレンジャー
 下はかつんの大先輩、シブがき隊である。





 さてと、
 突っこむよ。


 せめて少しは改変しろよ。 

 だいたいタイトルの『ZOKKON命』。
 「ZOKKON」とローマ字表記するあたりがもうWAKUWAKUでDOKIDOKIなモロ80年代だが、
 「命」でLOVEと読ませるそのセンスにあたしゃZOKKONだ。BANZAI!

 間のギターソロとかも笑える。
 ナイトレンジャーの方は、ブラッド・ギルスとジェフ・ワトソンという、NWOBHMや LAメタルなんかも含めて当時から増えてきた典型的な「ツインリードギタリスト」。あの一連の連中の中でもなかなかのコンビだと思う。今聴くと古臭いが。

 一方シブがきの方は、松田聖子の初期の曲とかでもおなじみの、アイドルやニューミュージックなんかも含めて当時やたらとあった典型的な「この人たちの音を真似てがんばったけどだめでした的な重ね録り」。あの一連の音の中でもなかなかのトホホ具合だと思う。今聴くと却って新鮮だが。



 次はもっと大物の登場だ。

 上は若き日のボンジョヴィのみなさん。
 似てるけどこっちじゃないぞ、ボンジョヴィです。
 下は石川秀美。何の因果か上にも出ていた、「ジタバタするなよ」の人の奥さんだ。

 なんかすでにそこはかとなく危険な香り。






 ボンジョヴィさん、なんていうかもう……
 スミマセンでした!


 いや、Bメロ以外そっくりですぞ、ガチャピン
 ここまで堂々とやられると逆に賞賛したくなるわ。

 イントロももちろんそうなんだが、音符ひとつ半音上げただけという最後のサビの料理方法は恐怖すら覚える。
 これはボンジョヴィのデビュー曲で、日本人好みのモロ80年代ナンバーだったせいか、日本で先に売れ出したらしい。まさかその後本国であんなモンスターバンドになるとは思ってなかったんだろなあ、作曲者は。

 それにしてもすげえ振り付け。そんなテカテカ衣装で最後に「やりきったわ!」なんてポーズ決められても、なあ……。
 いやあ、参った。お見事



 ほらね、侮るとヤケドするでしょ、80年代。
 こんなの今やったら絶対かつーんどころの騒ぎじゃないよね。
 だからここまでモロなやつは今はもう聞かない。


 と思ったけど何年か前、中島美嘉のみんな聞いたことあるヒット曲のサビを堂々とまんま使ってオリコンでトップ10入りやっちゃったやつあったな、
122222222222-6.jpg
 この人の。


 ま、ひでーとは思うが、こういうネタに別に目くじら立てて糾弾する気もないし、自分の暮らしに影響があるわけではないので、まあ自分にはどうでもいいことなのだが。
 この人のこのネタぐらいどうでもいいことなのだが。


 でもまあ、面白いよね。
 他にもいくつかこの手のネタあるので、気が向いたらまた。


スポンサーサイト
EDIT  |  12:19  |  雑記  |  CM(0)  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。