2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2012.04.19 (Thu)

声(と告知) 後編


 桜も散って、春雷鳴って、
 生ぬるい春に中てられたオレの体調はすこぶる悪い。

 ムラコシです。


*****


 先日、大久保水族館というライヴハウスにサンデースクールのライヴを見に行ったが、実はその日前後から体調が少しずつ下降していて、なんだかなあ、って感じだったのだが、爆音ロックで無理矢理リハビリしたような感じになった。
 最後にでてきたおじさんが、明らかに年配のおじさんなのに、ギターの音を出した瞬間にロックの人になったのが印象に残った。

 負けていられない。こっちも今週末ライブである。
 とりあえずそれまで持ってくれ、オレの体調、と思い、ギターの弦を張り替えてさっきまで動かぬ脳ミソに鞭打って練習していた。

 適当な気持ちでは絶対にやらない。やるからには本気だ。

 吉祥寺で待ってます。


1 Wittgennstein LIVE (Round1)
01_20120419080754.jpg

4月21日(sat) @吉祥寺Black&Blue
・18:00 open ・18:30 start
・料金2000円+1Dオーダー

http://homepage2.nifty.com/blackandblue69/

2 Wittgennstein LIVE(Round2)
02_20120419080754.jpg

5月20日(sun) @東高円寺Kaztou 「ユニット↑スペシャル」
・17:30 open ・18:00 start
・料金1500円+1Dオーダー

http://www.kaztou.com/


 さらに、こっちも追い込みである。

3 ROKURO第9号 第十四回文学フリマにて発売
03_20120419080755.jpg

 ブース番号確定しました
「2F エ-01」です。

「第十四回文学フリマ」
開催日 2012年5月6日(日)

開催時間 11:00~16:00
会場 東京流通センター 第二展示場(E・Fホール)
アクセス 東京モノレール「流通センター駅」徒歩1分

http://bunfree.net/


*****


 以下、新しいネタを書く余裕がないところで、タイミングのいいことに、今日は前回の話の続き。書き溜めがあるのであとはコピペで済ましてごまかす。

 知られざる業界の裏事情シリーズ第二弾、いよいよ佳境だ。



【More・・・】

*****


「あのな、くれ○んしん○ゃんのN原一家いるだろ。あれやってる中の人(声優)たちが影でどんな仕事やってるか聞いたことある?」
「それもバイトか?」
「いや、一応本業をさせてはもらっているんだけど……」
「あ、まさか……」

「そう、エロゲー(18禁ゲーム)の声優」


 までが前回の話だった。たしか。


18_20120405133543.jpg
 エロゲー。
 18禁のエッチなシーンがあるPCゲームのことである。
 最近はPCゲームにも声がつくようになり、声優の需要も増えてきているらしい。
 当然、「濡れ場」もありまくりである。

 
 で、日本中の子供が知っているであろう
04_20120419080755.jpg
 あのマンガのN原一家。


 その4人の声優が、
 み○えもひま○りも全員、

 エロゲーに声を当てているというのだ。


 もちろん、名義は変えてあるので、一見だれがやっているのかわからない。しかし、声を聞くとアニメファンならすぐに誰なのかわかってしまうらしい。


「いや、ちょっとまて。Hロシは? オヤジはたしか中の人も男だろ」

「だって、AVも男優は必要だろ。そうじゃなくてもBLゲーってのもあるんだよ。そっち方面の需要も最近あるでしょ。」


 BL=ボーイズラブ。
05_20120419080755.jpg
 つまり女子向けのホモホモゲームに男性声優が出ることも多いらしい。男性声優の場合女子より数が少ないので、オファーが来る確率も高いようだ。

 当然、こっちも「濡れ場」ありまくりである。ええーっ!
 

 愚弟がネットで「声優裏名義一覧」なんてページを開く。(素性を隠しているはずなのに、そんなページが出来てしまう状態なのか!)

 
「これはマ○ロス○○のヒロイン。ちなみにこっちはガ○ダムの主役。けい○んだとうI(主人公の妹)とさW子先生もそうだね。こっちはハ○ヒの朝H奈さんとA倉さんだろ。へー、いつのまにかまた増えてるねえ」

 と、サイトをかちかちやりながら、衝撃の業界裏事情を淡々と暴露する愚弟。


 あくまでほんの一例だが、自分のわかる範囲でみると、こんな面々が挙がっている。
06_20120419080756.jpg
 え、ワ○ピースも銀○も、今やってるプリ○ュアのセンターもか!

07_20120419080848.jpg
 ああ、メロンパンもピカーも軍曹も!
 みんなお茶の間でおなじみの有名どころではないか!



 あと、「濡れ場」はさすがにやっていないが、
08_20120419080848.jpg
 この人類補完計画の人とか、滑らない話のナレーターの人も脇役で出ているという!


 エロゲーや18禁アニメに一般声優が名前を変えて声を当てているという話は以前から知っていた。ただしそれはあくまでほとんど知名度のない声優がやっていることあって、まがりなりにも代表作とも言える人気作品を担当した声優までがそんなことをしているとは夢にも思わなかった。

 しかも下積み時代にやったことがある、というレベルではなく、名前が売れた後は勿論、今年も複数のエロゲーにその名を連ねていたりする人も多い

 なぜ、こんな現象が起こっているのか。

 ゲームの場合、制作システムがアニメと異なるためか、給料が非常にいいらしいのだ。
 出演回単位で支払われるアニメと異なり、ゲームは1セリフ=○○円という単位で給料が支払われる。メインのキャラを演じると一つのゲームで千~万単位のセリフがあるという。つまり、一つ仕事をこなせば単純計算でウン十万以上の収入が得られることになる。「濡れ場」がある場合、その箇所は当然ギャラ単価も割増しになるだろう。

 一流と呼ばれている声優でも、表稼業だけではカッツカツなのは前回述べた通りである。生活のためにこちらまで手を出すのはある意味自然ではある。

 この人がAVに出て話題になったのは記憶に新しいが、実際に体を張らなければならない一般タレントのAV出演に比べ、声優の場合は声だけで、しかも別名義(暗黙の了解となってしまっているが)であれば顔出しせずに裏稼業をこなせる。
 極論すれば18歳以上であれば、処女・童貞のまま、エロゲーに出演できるのだ。

 実際は25歳を過ぎた中堅~底辺声優がやっている場合が多いらしいのだが、顔出ししない分歳をとっても若いキャラの役を演じられるという声優のメリットもあるから、息の長い活動も可能なのは魅力ではある。

 そして、グラビアを出来るほどのルックスにめぐまれていない声優でもできる仕事であり、

 何よりこれは裏とはいえ「本業」なので、多少偏りはあるものの、声の演技力はまちがいなくつく(笑)

 いや、AVとちがって、18禁といえどゲームであるため、ストーリーはある程度きちんとしている(実は最近は非常に優れたストーリーのものもあるようだ)ので、一般的な演技も磨かれるようだ。

 出演に関してはもちろん所属事務所の方針によるところも大きく、裏稼業NGの事務所もあるのだが、新人の面接の際に
「うちではおそらく18禁に出てもらうことになりますが、よろしいですか?」
と確認をとるところもあるという。
 また、わざわざ裏稼業OKの事務所に移籍して生活費を稼ぐ声優もいると聞く。

 一般のタレントに比べて垣根が低いのには、このような事情があるというわけだ。



 この話はファンの間では暗黙の了解となっているらしく、2chなんかで新参が「エロゲーなんかに出てる声優はビッチだ」なんて書こうものなら「半年ROMれ」「○○で検索してみろ情弱」「N原家にあやまれ」などとネット住人から総攻撃を受けるらしい。

 また、最近どっかの写真週刊誌に男とベッドで一緒の写真をスクープされてしまったハ○ヒで有名なHという某声優は、性格に難があることで有名で、過去に自分の容姿を自賛して、ルックスがイマイチなエロゲーに出ている声優をディスる発現をしたことで業界全体から干されかけているという話も聞いた。

 まあ上に出ている面子を全員敵に回してしまうことを考えれば、結果は明らかではあるが。

 結局Hは「副業」に大胆にもTV進出を選び紳介なんかにちやほやされようとしたが、水樹なんたらさんほどの実力も人間性もなかったために写真週刊誌の餌食となったそうだ。(一声優がフ○イデーにスクープされるという時点でだいぶおかしいがそれはさておき)本人が過去にディスった裏稼業を今更始められるわけもなく、今後どうするんだろうか、まあ知らんけどね、と愚弟はまとめた。




「さて、一流と呼ばれている人でもこんな状態の声優界に、ルックスだけでなんとかなってきたAKBみたいな奴らがアフレコの訓練もろくに受けずに出しゃばって仕事を奪うとしたら、どう思う? 論破終了」

 ……、そうだった、すっかり忘れていたがAKBの声優起用の話だった。

 何かうまく丸め込まれたような気もするが、確かにこれでは本職の声優があまりにも気の毒である。もちろんAKBの皆さんも熾烈な競争を繰り返しているんだろうから苦労はしているのだろうが、しかしその現在の地位がはたして実力に見合ったものであるのかどうかは疑問である。


 しかしおかしな話だ。

 昔声優や吹き替えは、売れない舞台俳優のアルバイトであったと聞く。その時代に比べれば技術も人材も明らかに底上げされているはずなのに、それに見合う報酬や立場が与えられないばかりか、素人に毛の生えた程度の「芸能人」に特殊技能が必要なはずの職人仕事をかっさらわれるという状態は異常だ。

 先日、
11_20120419080849.jpg
「キャリーぱみゅぱみゅ」をドラえもん(先代)風に発音すると上手くいえる

とつぶやいた。
 最初は笑ってしまったが、
 よく考えれば、
 声優はこういう技術をきちんと身につけているということだ。

 はたしてAKBは「キャリーぱみゅぱみゅ」をちゃんと言えるのだろうか。


 前に、
12_20120419080850.jpg
 シュタインズゲートというゲームが面白かった、という話を書いたが、
 そこに出てくるあるキャラクターの声優も、どうやら裏稼業で相当苦労したうちの一人らしい。

 その人は歌が得意で、ある作品の「歌姫」的なキャラクターの声を担当したところそれがヒットし、30を過ぎてようやく一線級の声優の立場を手に入れたということだ。

 個人的にそれほど上手い声優とは思えないのだが、

 しかしその人の少し枯れた声にはまちがいなく、
 声で仕事をしてきた者の経験と執念が感じられた。



 また別の、これも裏稼業で苦労していた声優は、1年ほど前、ブログでこんなことを綴ったそうだ。

「私ブスだと言われていること知っています。自分でもそう思っています。やりたかった仕事について、演技について悩んで吐いて乗り越えて、ラジオも自分を汚して笑いをとって。

 まさか顔のことで嘲笑されるなんて夢にも思わなかった。声優なのに。でも当たり前です。声優といっても今は顔を出す仕事も多いですから、言われて当然なのです。

 でも悲しすぎて、事務所にアイドル的な仕事をやめさせてくれとお願いしたこともありました。そうこうするうちに私の需要はなくなって、ヒラヒラを着て歌ったり踊ったりする仕事はなくなりました。

 それでもたまにある写真撮影にはとても気を使いました。ちょっとでもマシに写るように。またブスと言われるのが怖くて。色々努力して整形も考えてでもやっぱり出来なくて、結果心に蓋をすることで解決しました。愛してもらおうとするのやめました。

 でも。やっぱり淋しいし、メッセージが死ぬほど嬉しい。
 私は決して応援して下さる方の数が多いわけではありません。いつも主役をバンバンやってる大人気声優でもありません。声が特徴的なわけでも、すごくいい芝居をするわけでも、ましてや美人なわけでもありません。それでも、私のことを応援して下さる方がいるという奇跡を改めて噛み締めた新年となりました。

 もう肩肘はるのやめます。
 応援してくれてありがとう。大好きです。」



 この人、今年誰もが知っている人気シリーズの主役をやることになって、今がんばっているそうな。よかったね。


 とはいうものの、そんな立場になっても生活が保証できるわけではない声優の現実が待ち構えているということは、あまりにも哀れな気がする。
 一般の俳優なら大金持ちまちがいない立場だろうに。


 声優なんて、好きじゃなきゃとてもじゃないがやっていけないな。
 

 

 長年、塾で中学受験をする子供たちを見てきたせいか、頑張っている人間が好きだ。

 そういう人が必ず報われるのか、結果が出るのか、と言えば答は否だが、
 頑張る人が報われて欲しい、と思うだけなら自由だから、自分はそう思うようにしている。



*****

 最後に、関係ないが、
13_20120419080902.jpg

 何なのこの人?
スポンサーサイト
EDIT  |  08:32  |  雑記  |  CM(0)  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。