2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2007.12.24 (Mon)

緋の雨



篠突く雨にまみれ反照するアスファルトに
明滅せよ 緋色の塔
鮮やかに胸にAの文字を刻印せよ



哀しいとか切ないとかそんな言葉では
済まされぬ色に包まれてゆく雨の夜なのだろう
僕はあてどない足取りで君を求め
ビニル傘をつたう血が原罪を告白するのだろう
 

霞み疲れた
よれる朱の糸のクロス
空に掴んだ
君の手を僕は妬む


揺らぎ始めた空気の中に
存在を融き混ぜる
闇の暗赤色
暗赤色の闇


しばしば思い出したように君を見失うとき僕には
報われぬ祈りの血が流れているのだろう
道端のアジサイのグラデーションに気を取られている間
君の視界に僕は永久に入らないのだろう


剥がれた激情
柵に凭れ泣くソウル
霧のエニグマ
降り停まり 指に纏う


湿度にやられて事切れつつある
白いシャツに一点灯る
疵のような染み
染みのような疵


雨は相変わらずビニル傘にタルタルと音を迸らせ散ってゆく


それでも踏み出せない僕の弱さよ
靴にしみこんだ鉄分にくるぶしの辺りまで融かされて
そうして坂を流れ落ちてゆく泥水の流れに飲み込まれるのか


捨てよ


そして君を得るためになら


しかる後自ら刻印を手に入れよ


無残に刈り取られた植え込みから
三日後
紅い葉が吹き出している




篠突く雨にまみれ反照するアスファルトに
明滅せよ 緋色の塔
鮮やかに胸にAの文字を刻印せよ


刻印せよ





【More・・・】

で、二年経つと、こうなった。

今年の7月の作品。


スポンサーサイト
EDIT  |  04:07  |   |  CM(0)  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。