2017年02月 / 01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2008.03.18 (Tue)

難問と悪問の狭間で

然だが、ここで漢字の問題である。

一 次のカタカナを漢字に直しなさい。
1 サイシンの注意を払う。
2 入学式はオゴソかにとり行われた。
3 願いがジョウジュする。
4 校長先生にエシャクをする。

二 次のカタカナを漢字に直しなさい。
1 ヒマをもてあます。
2 イッシュンの出来事。
3 仕事場のドウリョウ。
4 敵の陣地にトツゲキする。


解答(ドラッグで反転)
一 1 細心 2 厳 3 成就 4 会釈
二 1 暇 2 一瞬 3 同僚 4 突撃


 いかがだっただろうか。これらはすべて中学入試で実際に出題されたことのある漢字である。
 ところで、問題一と問題二の間に、どんな違いがあるのかおわかりだろうか。

 いずれも簡単な問題ではないとは思うが、中学受験を目指す子どもたちにとって、ここには大きな違いが存在するのである。

【More・・・】

 純化して言うと、問題一は難問、問題二は悪問なのである。

 場合によっては、問題二の方が楽に解けた方もいらっしゃるとは思うが、受験者の正答率は、圧倒的に一の方が高く出るのである。

 その理由は簡単である。


 一の問題に用いられている漢字はすべて、小学生配当漢字1006字に含まれている。

 ところが、二の問題における「暇」「瞬」「僚」「撃」の四字は、小学校では習わない。


 つまり、二の各問は、小学生には書けない(ことになっている)漢字が出題されているのだ。







 中学入試は難しすぎる。知識偏重の詰め込み教育だ。こんなことをやらせるのは本当の教育ではない。
 中学入試はよくこのように批判の槍玉に挙げられる。
 その批判の中には、明らかに生理的な嫌悪感から発せられる感情的なイチャモンの類も含まれるが、的を射た全うな意見もある。入試に関わる仕事をしてはいるが、盲目的に中学入試を擁護する気は私にはない。小学校で学ぶ内容をきちんと習得しておけば中学入試に対応できるようにすべきだ、塾など本来必要がないはずなのに、塾に行かないと合格できない入試のシステムはおかしい、という意見も、完全に否定することは出来ない。
 ただ、自分はここで中学入試そのものに対する議論をするつもりは毛頭ない。
 問題なのは、中学入試を勘違いしている中学校の人々だ。

 数年前、あちこちの中学入試で出題されたある児童文学作品に、中学入試をめざして「英語」を勉強する女の子が出てくるやつがあった。中学入試はあくまで小学生の学習範囲が基本。一部の帰国子女向けの特殊な入試で英語の作文を課す例はあるが、この作品のような普通の女の子が英語を勉強する必要など全くない。
 一般の人々の中学入試に対する認識は、そんな基本的な部分から間違っていることがある。
 しかし一般人ならともかく、出題する側の中学校関係者が誤解しているとタチが悪い。
 中学入試は小学生が受験する。現実問題として塾に行かないと中学入試に対応できないのは否めないが、中学校側は、あくまで小学生の学習範囲をもとに、その中で知恵を絞って様々な難問を編み出し、出題してくるのである。
 算数が難しい、とよく言われるが、どんなに難しい問題でも、中学入試の問題で負の数やルートが関わる問題は出題されない。理科でも元素記号は出題されないし、社会でも出るのは日本の地理・歴史・政治が中心。やはり小学校の範囲内なのである。
 伝統ある私立中学は長年のノウハウがあるから、範囲を逸脱することはほとんどないし、逸脱したとしても、例えば「地層」とか「遣唐使」とか、理科や社会などで当然学習するものが出てくる程度。また、他校でどのような問題を出しているかもきちんと見ていて、これを出したら顰蹙だな、とか、ある程度の歯止めが利く。 小学校で習う内容を究極まで突き詰めたものが、中学受験の勉強なのである。

 国語も然り。各中学校は小学校配当漢字の範囲内から、問題一のような難問をひねりだしてくる。当然小学生レベルでは事実上難しすぎるものも出ることになるが、それでも、表意文字として、漢字には意味があることを考えれば、例えば「細心の注意を払う」という言葉でも、小学校でも学習する字だから、字の意味を類推し、「ああ、細かいところまで心を配るんだな」と語彙として習得することが出来る。  

 開成だの麻布だの桜蔭だの、私立中学の最高峰と呼ばれている学校でも、問題は難しいが、そのあたりはきちんとわきまえている。いや、都内のほとんどの私立中学校もそれは同じである。伝統ある学校ほど、その傾向は強い。


 だから塾で扱う漢字の教材も、当然小学校配当漢字から逸脱することはほとんどない

 

 しかしながら、問題二のように、明らかに小学校の範囲を逸脱した問題を出す学校がある。
 こういう問題を出されると、受験生も塾も非常に頭にくるのである。

 だってそうでしょ。
 学校の期末テストで、「今度の歴史のテストは今日勉強した平安時代までが範囲だ」と言われて、いざテストを受けてみたら、まだ習っていない鎌倉時代のことが出ている。これは頭にくるよね。だまされたと思うよね。いくら中学入試だからって、かなりレベルは高くとも、一応小学校の範囲内から出題されることになっているんだから、その範囲外のことを出したら明らかなルール違反でしょ。
 もちろん、「日本語」という観点から見れば、小学校・中学校なんていう区切りは意味のないことだし、小学生向けに「きん張」のようにかな交じりの言葉を用いることに、言語の発達面から見て弊害があると指摘されているのも事実だ。
 ただ、「悪問」を出す中学校側が、そのような高尚な理想を持って作問をしているとは思えないのだ。 のだ。  
 中学入試の問題を作るのは、小学校ではなく、中学高校の教師である。(私立中学は高校と一貫教育をしている場合がほとんどなのだ。)だから、普段は中学生以上の生徒の授業をしている。小学生が解く問題を作るには、きちんとした研究が必要になる。
 
 ところが、範囲を逸脱した「悪問」を出す学校には、中学入試を始めたのが比較的最近の学校(特に埼玉県)が多い。
 つまり、明らかに研究不足なのである。
 ただ難しい問題を出してりゃいい、と思い込んでいるだけなのだ。
 さっきの児童文学の作者と、本質的に大して変わりないのだ。


 そのうちそれこそ「顰蹙」とか「憂鬱」とか「鼎談」とか果ては「猥褻物陳列罪」なんて問題を出すようなことになりかねない。
 その典型のある学校に行くと、面白い垂れ幕がかかっている。
「東大合格10名!」
 よく見ると下に小さな字で
「目標」
と書いてある。


 どっかのスポーツ新聞か、お前は! 


 もうその学校の品性がわかってしまうね。学校を予備校と同じだと思ってやがる。一生懸命自分の学校のステータスを上げようとガツガツしてるのが丸見えだ。
 こういう学校の奴らが出す問題のせいで、中学入試はますます悪く言われるようになる。
 ちなみにその学校は今年、さっきの「暇」って問題を出したところ。そんな問題出してる「暇」があるなら、中学入試のことを研究しろw






  ただし中には、伝統がありながら「悪問」を出すとんでもない学校も存在する。
  一部の大学付属の学校である。

 こういう学校は、大学にそのアイデンティティーが存在し、それに基づく伝統とプライドがあるから、中学入試の常識なんかクソ喰らえでわが道を突き進んでしまうケースが多い。また、生徒がエスカレーターで大学に行けるため、受験指導に弱く、つまり、いつごろどんなことを教えるべきか教師がよくわかっていないことがある。
 中には、大学から来た雇われ講師が暇つぶしに教鞭をとっているので、自分の専門分野を偏執的に中高生に押し付けるように教えているというケースすらある。


 

 そんな奴らが中学入試の問題を作ると、こうなる。
 今年の某大学附属の中学校の問題。


次に上げたせりふは、ある芝居の中で登場人物がのべるものです。その芝居の題名を後の語群から一つずつ選んで番号で答えなさい。


ア 「知らざあ言って聞かせやしょう。浜の真砂の五右衛門が、歌に残せし盗人の、種は尽きねえ七里ガ浜、その白浪の夜働き、以前を言やあ江ノ島で、年季勤めの稚児ヶ淵……」
イ 「若君菅秀才の首に相違ない、相違ござらぬ。でかした、源蔵。よく討ったなァ」
ウ 「かように候者は、加賀の国の住人、富樫佐衛門にて候。さても頼朝・義経、御仲不和とならせ給うにより、判官殿主従、奥秀衡をたのみ、作り山伏となって陸奥へ下向ある由、鎌倉殿、聞こし召し及ばれ、各国々へ新関を立て、山伏を堅く詮議せよとの厳命によって、某、この関を相守る」
エ 「武具、馬具、武具、馬具、三ぶぐばぐ、合せて武具馬具六武具馬具、菊、栗、菊栗、三菊栗、合せて菊栗、六菊栗、麦ごみ麦ごみ、三麦ごみ、合せて麦ごみ六麦ごみ、あのなげしの長なぎなたは、誰がなげしの長薙刀ぞ……」
オ 「こりァ面白くなってきたっ、さア、抜け、抜け、抜け抜け抜け、抜かねエか」

1 「勧進帳」  2 「寺子屋」  3 「白浪五人男」  4 「外郎(ういろう)売」  5 「助六」



解答(ドラッグで反転)

 ア 3  イ 2  ウ 1  エ 4  オ 5


 ちなみにアはセリフに「白波」とあるから想像がつくし、ウも「義経」という登場人物でわかる。(しかしこれは「勧進帳」が義経の話だということを知らなければ無理)。

 が、他は知らなければ絶対に答えられない。




 小学生が知っとるわけないやろ、ドアホ!
 もう完全に作問者の趣味。



 でもまあ、まだ今年の場合、かろうじて「国語」にかすってるからまだいい。
 この学校、去年はさらにカンチガイな問題を出している。  


 

××(この中学校の名前)が創立されたのは昭和○○年である。○○にあてはまる数字を書きなさい。




解答(ドラッグで反転) 

22


 もちろんこれ、「国語」の問題の中に出題されたもの。ちなみに課題文の中に一切ヒントはない。 ちなみにこの学校、日本中に知られた超一流有名大学の附属中学校である。


 こういう作問者の自己満足のせいで、その中学校はもちろん、附属の大学、果ては中学入試そのものの評判が落ちることは間違いない。

 この中学校の作問者に一つだけアドバイスしておこう。

    
 お前はヤ○ー検定にでも投稿してろ!


次の中学入試をめざす受験生の皆さん。こういうロクでもない問題なんか解けなくても、中学入試はできます。安心してね。

スポンサーサイト
EDIT  |  03:24  |  雑記  |  CM(0)  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。