2017年03月 / 12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2008.05.23 (Fri)

何か話をしよう

ばらくあけてしまった。

少ないながらも、いつもここを見てくれている方もいるようなので、何か話をしなければ、とは思う。

でも、GWが終わった後、本当にこれと言ったネタがない。
自分の周りで話題になるのは、全て仕事場の憂鬱な話ばかりだ。

個人的にも、まったく充実していない。
休日はこのところ、だらだら寝て、定例のジョギングをして、ネットをだらだら見て、で終わる。
何もする気がおきない。
何かしなければ、とは思うが、したところで一人、空しさを感じて終わるだけなのが見えているので、ますます何もできない。

詩も、書いてないなぁ。

あ、一つ小ネタがあった。
この間、例の切り絵の「ミズさん」がいらっしゃった「虹の郷」へ行ったとき、



【More・・・】

口付近で、
マキルきっき夫妻は、もう一度ミズさんのところに挨拶。
たちまこさんはるいるいのオムツ交換。
あまねさんはトイレ。

やらなんやらで、5分ぐらい一人になる瞬間があった。
だからだれもこれは見ていなかったのだが、

そばにあった小さな噴水みたいなものの周りで、ある家族が休んでいる。
いかにもいたずら好きな少年が、身を乗り出して、その小さな噴水に自分の額をつけて、「ほら見て、見て!」と家族に自慢げに語っている。

それだけでもやれやれ、な風景なのだが、

それを見た父親の一言。

「やめろ! そんなことしても頭よくなんないぞ!」

オレは面白い、と思ったんだけど、どうすか?
あんまり? ですか。

この父親には、川崎大師とか高幡不動とかにある、何ていうんだろ、「線香をくべてその煙を自分の身体の調子悪いところに当てる釜みたいなところ」で、必死に頭にあててる人に向けて、同じことを言ってほしいもんだ。

え、罰当たりなことを言うな?
今さら遅いです。もう色々な仏像を散々罰当たりな鑑賞方法で見てきてますのでw

*****

思い出した。
そういえば大きなネタがあった。

仏像って言えば、GW中に、国立博物館の「薬師寺展」に行ってきたのを思い出した。
京都の旅行があまりにも、だったので、それを取り戻すべく、というのもあった。

有名な日光月光菩薩が来ている、ということ以外、何の予備知識もなしに行ったのだが、行ってみて驚いた。

何と、東院堂の聖観音立像も来ているではないか!
それに、僧形八幡神像までいる!
ありゃ、吉祥天画像まであんの!
おお、仏足石まで!
ここまでするんだったら、ついでに中尊の薬師如来坐像も持ってくりゃよかったのに、と無責任なことすら思う。



って、仏像好きじゃないと何のことかわからないであろう。

博物館の特別展って、何がいいかっていうと、普段は見られない仏像の後側が見られる、ってところ。
で、私が今回特にゾクッとしたのが、聖観音立像の後姿。

非常に正面鑑賞性の高い平面的な仏像だと思ってたのに、その後の臀部が、
まあ要するにヒップが、
意外なほどになまめかしいのだ!


おケツのラインに沿って造形された数本の瓔珞状の装飾が、なんともまああれだなこりゃ、って感じなのである。一昨年の秋に見た渡岸寺十一面に引けを取らない、美しさだった。



ちなみに、帰りに寄った「法隆寺宝物館」もよかった。
みんなが知ってる有名な仏像は一つもないが、
小さな飛鳥仏が数十体、一部屋に大集合。
マニアにはたまらん。
だって、飛鳥仏だよ!
つっても伝わらないのが寂しい。

この部屋、俺んちにほしい。好きじゃなけりゃ、多分キモチワルイだけだろうがw


そんでこの部屋のハイライトが
「摩耶夫人及び天人像」(まやぶにんおよびてんにんぞう 重文・飛鳥時代・銅像)

こいつです。
tenzinzou.jpg


ほんの小さな像だが、これが何を表現したものかというと、釈迦誕生の瞬間なのである。
摩耶夫人、とはつまり釈迦の母親、ということになる。

これがね、すごいのよ。

伝説によると、郷里に帰る途中寄った「ルンビニーの園」というところで、彼女が木の枝を折ろうとしたところ、

何と、

脇の下から釈迦が誕生した
っつー話、なわけよ。

証拠画像
脇の下から釈迦誕生拡大


ね、たしかにいらっしゃるでしょ。
しかも合掌しながら登場、ですw


そのあとこのお方、生まれたばかりだというのに、七歩歩いたのち、右手で天を、左手で地をさして、あの有名な、

「天上天下唯我独尊」
という言葉をのたまった、らしい。

脇の下から登場した割には、言ってることがすげえな。
この人、大物になるよ。
オレが言うんだからまちがいない。


その実物が見られたのは、非常に満足であった。


な。
こういう楽しみ方してるのよ、オレは。
罰当たりでしょ。


マジメに仏教に帰依していらっしゃる方々、申し訳ありません。


*****


思い出すのは、GWのときのことばかりだ。
現実に戻ると、ますます気がめいる。

やっぱり、罰が当たったのかな。


今後の自分の希望。



彼女がほしい。

仕事場変えたい。

そして、シアワセとヤスラギがほしい。







スポンサーサイト
EDIT  |  03:53  |  雑記  |  CM(0)  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。