2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2008.08.15 (Fri)

休む

 の上のポニョ。

 だからさあ、言ってるでしょ。
 かわいいかわいいってみんな大騒ぎだけどさ。
 もう一回言っとくよ。


 あいつ、
 人 面 魚 だ ぞ !!!



 今回は写真も載せとくからね。
 ジブリに騙されてるみなさん、画像をご覧ください。
 数年後のポニョです。

シーマン


 そして僕は、
 ムラコシです。


*****


 さて、夏休みも後半戦。
 イベントは多いものの、例年通り何事も起こらない孤独な休暇。
 蝉は今年も愛を叫び続け、雷鳴を轟かせた空に虹の断片。
 いつものパターンだと、休みが終盤に近づくにつれ気分が鬱々としてくるので、今のうちに夏休み日記をまとめておくことにする。



【More・・・】

*****


 8月9日
 夏休み初日。この日はなにも予定がなかったので、なんとなく過ごす。

 CDショップでぱひうむの「バンドスコア」を発見w

 って、「バンドスコア」にする必要あんのか? あの電子音楽w



 あ、手が勝手に財布を……
 あ、足が勝手にレジの方に……


 で、中身。
「チョコレイト・ディスコ」のイントロ、いきなり間違ってるし。
「ディレイ効果的な強弱フレーズ」じゃなくて、実際ディレイかかってるし。
 ギターコードも無理にE♭押さえなくても、オール半音下げでいいし。



*****


 8月10日
 ンズカフェの皆さんと関戸橋近くの多摩川でスケッチ大会。
 絵を描かない自分がなぜ参加しているのかなど、あまり気にしてはいけない。
CIMG1633.jpg

「本職」のたちまこさんとプル式さんがすらすらとスケッチしてゆくかたわらで、
 バッタとたわむれる渡さん(娘)。
 ニャロメを描く渡さん(母)。
 風に舞う夏野さんと紙ヒコーキ。
 パニックの我々を尻目に芋虫と戯れるあまねさん。(自分の中では茶毒蛾の幼虫ということになっている)
 お子さんの目薬をさすのに四苦八苦のたちまこさんのお友達のミトさん。
 例によって電車で喜ぶるいるい。

 CIMG1648.jpgCIMG1654.jpg


 自分は詩の断片を探しつつ、渦について考えていると、雲の切れ間に如来を見た。
 ああ、なんか危ない人みたいなオレだ。



 トランペットの音が水面に波紋を打つ。
 川の向こう側を見つめる、それぞれの網膜。
 肉は腐りかけがおいしいと、誰かの声。
 造花のひまわりを頭に載せてみる。
 ジャミロクワイの帽子の中には、何が入ってたんでしょうかねぇ……
 ラビさんが河川敷を歩いてくる。
 花火が渦の真ん中で火薬の匂いを漂わせていた。


 意味不明。


 だが、青春だった。
 年齢層はかなりばらつきがあるものの、確かに青春だった。



*****



 8月11日
 毎年恒例の一人旅
 も、そろそろいいかげんネタが尽きてきて、毎年行き先に困っている。
 今年はむりやり会津若松喜多方を訪れることにした。


 思えば昨年の「みちのくひとり旅」は、個人的に非常に充実した旅であった。ROKURO用の大作も書けたし、大観音を見ることもできたし。
 しかし、GWもそうだったが、今年の一人旅はどうもだめなんだよな。以前はJRの切符発売日となるお盆一月前の時点で予定を決めるほど気合入りまくりだったのだが、飽きてしまったのか、それとも余裕がないのか、別のものに関心がいきすぎているのかわからんが、とにかく精神的高揚があまりない。
 が、とりあえずラーメン好きとしてはいまだ訪れたことのない聖地に一度は行っておこう、と思い、今回の旅を決めた。

CIMG1664.jpg
 車窓から見た磐梯山。
 明治時代の大噴火で、山の1/3が吹っ飛んで、今の形になったらしい。

 1時前に会津若松着。
 失礼ながら、思ったよりも小さな街だ。というより、観光地としてはあまり栄えていない。


 ラーメンめぐりをいつにするかで悩んだが、喜多方行きの電車の数が少ないので、とりあえずラーメンは二日目にまわし、一日目は白虎隊ゆかりの飯盛山へいくことにして、バスで白虎隊自刃の地、飯盛山へ向かう。


CIMG1715.jpg
 このバス、最近よくある観光スポットを周遊するミニバスなのだが、なんか冷房がついてないんだけど、どういうこと?


 なんてことを考えていたら、あっという間に飯盛山のふもとにつく。


 さあ、山だ。登るぞ。
 去年の立石寺、今春の鞍馬山に続く第三弾、と意気込んで歩き出す。

CIMG1671.jpg

 目に入ってきたのは、果てしない石段!
 わくわくするダイエット中毒の三十路男。
 よっしゃあ、ラーメン前にカロリー大消費じゃ!







 ……が、目の前にある飯盛山、どう見ても低いw
 これ、山じゃなくて丘じゃねえの?





 
 で、参道の右側に、怪しげな装置を発見する。
CIMG1672.jpg

 なんと、飯盛山は、エスカレーターみたいな装置で上まで行けるようになっているのだ。
 ケーブルカーとかロープウェーはよく聞くが、エスカレーターは江ノ島ぐらいしか知らないw



 エンドレスの放送で、おばちゃんが
「歩いたら、本当に大変でございます……」 なんて言ってるw

CIMG1707.jpg

 大人250円!

 あこぎな商売してやがる!


 山の高さと値段を見比べて、迷わず歩き出す自分。
 石段にとりかかる。



CIMG1708.jpg

 1分ほど登ったところで、となりのエスカレーターは乗り継ぎポイント。
 立て看があるのでチラ見した。



CIMG1710.jpg


「ここから100円」


 
 と、途中からも乗れるのか!
 がんばって石段を登りだしたはいいものの、心が折れそうなポイントに来た人間の心に、しっかりとトドメをさす会津の商魂。
 あ、あこぎな商売してやがる!!


 にしても、「まことばし」って、この百円はたちまこさんのしわざかw


 高尾山でも決してケーブルカーを使わない男、当然黙殺!




 で、










 3分半で石段登りきる。

 そこはもう白虎隊自刃の地。
 登山終了w









 も、物足りない!  
 オレがエスカレーター使ってたらきっと、一度ふもとまで降りてもう一度石段を登りなおしていただろう。
 というより、実際に山を降りた後、エスカレーターの中間地点の写真を撮り忘れたことに気づいて、もう一度途中まで登ったりしている。


 そのあと、白虎隊が城が燃えているのを見た場所とか、隊士の墓とかを見て、すぐに降りる。
CIMG1677.jpg
CIMG1687.jpg

 白虎隊の墓の線香の煙、なんか写ってるかもしれない(怖)






 途中に、「さざえ堂」という変わったお堂がある。
 実はここにきたのは、この奇妙な物件を見るためでもある。
 大観音なんかの珍スポットをネット等で調べているうちに知った物件である。


 さざえ堂とは、その名の通り、建物の中の通路がさざえのようにぐるぐる螺旋状になっていて、いつの間にか反対側の出口についているという、メビウスの輪みたいなお堂の総称で、いわば江戸時代のアミューズメント施設として各地に作られたらしい。
 ただ、そのほとんどが、外観は一見普通の建物にしか見えないことが多いのだが、ここの場合、画像のように、本当に螺旋状のねじれた建造物になっているのが面白い。
CIMG1691.jpg
CIMG1692.jpg


 一応中に入ってみる。
 大して面白くないとは聞いていたが、本当に大して面白くなかった。
 中はこんな感じ。
CIMG1701.jpg


 下山後、まだ会津若松についてから一時間しかたっていないことに気づき、駅までウォーキングすることにし、そして、やはり時間をもてあましそうだったので急遽喜多方へ向かうことにした。


 つづく。


*おまけ
CIMG1713.jpg

 白虎隊隊士がニコニコしながら出迎える飯盛山ふもとのお土産屋。
 ここって、彼らの自刃の地なのに、
 悲劇の地なのに、
 なんで君はそんなに能天気なの?



スポンサーサイト
EDIT  |  02:40  |  雑記  |  CM(3)  |  Top↑

*Comment

■ぽにょお

この人面魚の名前何でしたっけ?
シーマンだっけ?

あのエレベーターは私が仕込んだものです。
嘘です。
仕込みかねないけど。

にこにこしているのは、もう浄土にいるからかなぁ。


たちばな |  2008.08.16(土) 19:55 |  URL |  【コメント編集】

らーめん画像ないの?
今度はみんなでどっかいこ~
那津 |  2008.08.19(火) 17:09 |  URL |  【コメント編集】

>まこと橋さん
やはりそうでしたかw
浄土にしては俗な営業スマイルですねw

>なつん
ラーメン画像は次回アップ予定!
乞うご期待。
ムラコシ |  2008.08.20(水) 09:30 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。