2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2009.04.16 (Thu)

聴く(完全版)


 春だし。
 かったりいし。
 面白くないかもしれんが、CDレビューみたいなの書こう。
 ミクシに書いたやつの完全版。ちょっと辛口な部分もあるw
  
*****


【More・・・】

 最近、入手するCDに当たりが多い。

 先日も書いたが、ぱひうむのニューシングルと、いきものがかりと、四人囃子と、ジェフベックのCDを、3月に一気に買った。
 統一性全くなし。店員を困惑させる組合せ。
 で、なんと、4枚が4枚とも「外れクジなし」、という素晴らしい結果であった。

 この四枚の中で実は個人的に一番前評価が低かったのが、ぱひ。
 例の新曲『ワンルーム・ディスコ』である。
000281_convert_20090416033241.jpg

 ネットで聞く限り、アップテンポの『マカロニ』の焼き直し、みたな中途半端な曲で、正直ああ中田ヤスタカもそろそろネタが枯渇してきたか、と苦笑していた。実際ヘッドホンで聞いてみてもその印象は変わらなかったし、カップリングの『23:30』もかったるい。
 と思っていたら、意外なところで不意を突かれた。
 3曲目、『ワンルーム・ディスコ』のインストゥルメンタルが、面白い! 歌がない方がカッコよかった! まあ、それで「当たり」に入れといてやろう、ということで。

 
 ぱひうむは、まあおいとく。
 ジェフベックは、第二期ジェフベックグループの名盤『Rough and Ready』
51GbdQQWRSL__SS500_.jpg

 これはもう買う前から当たりは確定w
 ジェフベックファンでありながらなぜこの名盤を今まで買っていなかったのか。
 実はジェフには『There And Back』というアルバムがあって、それがなぜか家に二枚あるのだ。つまり『Rough and Ready』を買ったと思っていたらそれは二枚目の『There And Back』だったというオチ。
51vwmTSXjkL__SS500_.jpg

 だってさ、タイトルも似てるし、ジャケの色も黒基調で似てるし、まあ仕方ないよね。
 よくあることだ、うん(ねえよ)

 で、予想通り、(つーか曲はもう知ってるが)名盤だった。専門的に言うと、これがオレンジアルバム~BBAを経てブロウバイブロウに繋がる端緒となったアルバムというわけです。わかんなくていいですw
 とにかく一曲目の『Got The Feeling』から早速やられます。『New Ways/Train Train』最高です。ベック先生やりたい放題です。ファンキーです。ドラムがコージー・パウエルだからなおさらです。マックス・ミドルトンのピアノもいいよ。

 四人囃子『一触即発』
2008062F112F222Fc0128722_16414931.jpg

 日本を代表するプログレバンド。
 プログレ好きなのに、聞いたことがなかったので、先日ようつべか何かで聞いたらスゴイ曲があったので買ってしまった。
 タイトルナンバー『一触即発』がそれ。
 正直言って、フロイドの(特に『狂気』の)影響丸出しの曲。後半にはディープパープルも入ってるw 
 でもカッコイイ。プログレ好きにはたまんねえ。森園氏のギターが耳に残る。
 CDで聞いたらやっぱりすごかった。12分というプログレとしては標準的な長さの曲だが、すでにセルフヘビロテ済みで、フルバージョン鼻歌可であるw
 しかしながら、歌詞がねえ、笑えるのよ。「空が破ける」というフレーズは詩だと思うんだけれど、その他の部分が稚拙だし、字足らずで間延びしてるしで、「日本語のロックは可能なのか」という論争があった時代の産物なんだろうな、という感じがした。

 いきものがかり『My Song Your Song』
ikimonogakari-my-song-your-song-cover.jpg

 これは衝動買い。店頭で『プラネタリウム』が流れていて、いい曲だな、と思って買ってしまった。断っておくが大塚愛のではない。いきものがかりの方だ。先日ミクシであるマイミクが「ハコフグに似てる」と言っていたあの人の歌だ。
 で『プラネタリウム』がまたいいのよ。Jポップの王道をよくわかってるって感じのの曲で。他の彼女たちの曲も耳に残りやすいものが多い。まちがいなく80年代以降のJポップをよく聞いて育った人の作品、という感じだ。変に外国ズレしていないのが好感。
 こっちもはまる。
 しかしながら、こっちも歌詞と、それからタイトルがねえ、何というかまあ……って感じなのよ。シングルにもなってるけど。
『気まぐれロマンティック』だからなあ。
 そっちも80年代かよ!
 気まぐれオレンジロードかよ!
 これをご覧になったネット詩人のみなさん。こんどいきものがかりを指導しに行きませんかw

 で、おまけ。
 先日もう一つ「当たり」のCDをとある筋から借りた。
 というより半ば強引に「聴け」と押し付けられたw

 monobright『monobright zero』・『monobright one』
4562104044312.jpg

 まだまだ知名度は低いと思われるが、この間小ヒット曲を出したようだ。(すまん。ぱひうむ以外最近のチャートは全くわからんw)
 北海道出身の4人組ロックバンド。全員黒縁メガネ+ユニクロの白ポロシャツという人々。
 いや、この人たちはなかなかですよ。
 いや、骨太なロックサウンドとか、癖のある歌詞とかもなかなかよかったんだが、何に反応したかっていうと、コード進行。
 いやもう、ひねくれてるw 一件よくあるコード進行なのに、ギターの音の重ね方が不協和音だらけだったり、もうプログレ並みとも思える部分もある唐突な転調をしたり、Jポップの常識では絶対に行かないメロディラインだったり。結果Jポップ耳ではなかなか音がとれない。『紅色[Ver. 2]』『歌舞いた魚ディスコ』『バタフライングリップス』『デイドリームネイション』とかが良い。ただのロックバンドじゃないな感がぞわぞわっと。
 ちきしょう、くやしいぜ。何かカラオケで歌えるようにしてやるw
 このおかげで、一緒に借りた『チャ○ト○ンチー』が完全に霞んでしまったw ごめん持ち主w
(いや、彼女たちもなかなかのもんだと思いますよ。音しっかりしてるし。ちょっとジュディマリフォロワー臭がするけど)

*****

 この日記を書いて、検索でどんな人が迷い込むのかちょっと面白そう。
 で、やっぱり
 この日記書いた人、趣味がよくわからん。 てことになるんだろうな。

 こんなもんで驚いちゃいけませんぜ旦那。
 まだまだ自分のCD棚には驚くべきラインナップが揃ってます。
 この間ビートルズのホワイトアルバムとおニャン子クラブのラストアルバムを間違えて出したぐらいで、ええ。
060728_2_img_03.jpg
IMG_7067.jpg



 そうそう、ぽえ会に投稿しました。
 自分として今までにない新しい試み的な何かしらをやってみた、つもり。
 http://www.poet.jp/anthologys/anthologys_g/index.php?search_data=20090415235712426&page_num=1

スポンサーサイト
EDIT  |  03:51  |  雑記  |  CM(2)  |  Top↑

*Comment

昨日monobright2ndアルバム発売ですよぅ\(^o^)/
じゃあの透明感と少年も貸します\(^o^)/
チャットは昔のがいいです『耳鳴り』
あとサカナクションどうでした?わりと詩っぽいと思うんですが

あーなんか色々借りてぇww
持ち主 |  2009.04.16(木) 18:19 |  URL |  【コメント編集】

ほ>

monobrigt twoのことですか。ぜひ購入しようと思いますです。はい。

チャット先生はうん、そうだねえ、失礼な言い方かもしれませんが、ギターが意外とそれなりの域に達していたというのと、ベースがしっかり聞こえてたのが好感持てました。
が、相手が悪かったw

サカナクションのアルバム。残念ながら歌詞は、時々「おっ」て感じの言葉はあるけれど、結局「歌詞」の域を超えられてないかなあ。辛口すんません。
音の方は、は、前半よかったんだけれど、後半だれるね。1曲目がモロ80年代で好きなんだけど。でもやっぱり贔屓するわけじゃないけれど、capsuleの方が聴いていて面白いかな。
G3(murabright) |  2009.04.17(金) 03:57 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。